◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

上野国府の誘致に成功した総社の有力者の高祖が眠る墓・王山古墳

最終更新日:2015年11月23日

 

 前回の記事はこちら

 

 石倉城の空堀跡の道路を西に向かうとすぐ右手にこんもりとした森が見えます。

 

 きっとあれでしょう。

 

王山古墳諸元

 

概要

 

ふりがな おうやまこふん
住所 群馬県前橋市大渡町1-6-1

交通 JR上越線新前橋駅下車、徒歩約30分(地図上での計測)
史跡指定 前橋市指定史跡
名称:王山古墳
指定日:昭和59年(1984)3月12日
現況 王山公園
築造時期 6世紀代(説明板)
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後方墳 前方後円墳 方墳 円墳 その他
築成 1段 2段 3段 4段(前方部) 5段 6段(後円部)
造出 あり なし
規模 約71m(昭和10年時点)
墳丘高 後円部約4.5m/前方部約3.9m(昭和10年時点)
葺石 あり なし
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり(昭和10年時点で2基) なし

 

埋葬主体

 

位置 後円部
掘り方 竪穴式 横穴式
石室・槨 両袖式、玄室と羨道の2部屋構造
規模 全長16.4m
直葬 割竹形木棺 舟形木棺 家形石棺 長持形石棺 不明
人骨 歯2本
副葬品 辻金具の破片数個
見学 可能 不可能

 

周溝

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重 不明
中島 あり なし 不明
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物  
周溝を含めた最大長 約m

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2015年5月4日(月)
天候 曇り
探訪ルート 【5月4日】
総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 宝塔山古墳および光巌寺 → 蛇穴山古墳 → 総社城 → 遠見山古墳 → 山王廃寺 → 上野国分尼寺 → 国分寺館(ガイダンス施設) → 上野国分寺 → 妙見社 → 上野国府および蒼海城 → 総社神社 → 石倉城 → 王山古墳 → 前橋城 → 上野国府八幡
【5月5日】
天川二子山古墳 → 前橋八幡山古墳 → 前橋天神山古墳 → 飯玉神社古墳 → 亀塚山古墳 → 金冠塚古墳 → 文殊山古墳 → 阿弥陀山古墳
【5月6日】
砂町遺跡 → 高崎市歴史民俗資料館 → 元島名将軍塚古墳 → 元島名城 → 高崎情報団地遺跡 → 大類城
同道者 なし

 

コッテコテの公園となった市街地の古墳

 

 やっぱりそうでした。

 

 王山古墳に到着です。

 

王山古墳

写真1 王山古墳

 

 ウオー!!

 

 コッテコテの公園だ!

 

王山公園

写真2 王山公園

 

 でも前橋市指定史跡なんですね。

 

 そしてこの図を見てください。

 

現地説明板

写真3 現地説明板

 

 一見普通の前方後円墳ですが、段の数が多い!

 

 何と、前方部が4段で後円部が6段もあります。

 

 これは想像図として書かれているので、どこまでが調査した結果なのかは分かりませんが、もしこうだったとすると結構珍しいのではないでしょうか。

 

 後円部の墳頂も思い切り公園ライクです。

 

公園ライクな後円部

写真4 公園ライクな後円部

 

 後円部が公園。

 

 スミマセン、加齢のためこういう発言をすぐにしてしまいます。

 

 後円部から前方部を見ます。

 

後円部から前方部を見る

写真5 後円部から前方部を見る

 

 王山古墳は6世紀代の築造と推定されており、横穴式石室は2室構造ながらも、何と全長が16.4mもあるかなり長大な石室なのです。

 

 石室を調査した結果、ここもご多聞にもれず盗掘を受けていて、説明板に書かれている通り、歯が2本、それに辻金具の破片が数個みつかっただけです。

 

 でも、この「歯」というのは意外と重要な遺骨なんですよ。

 

 歯は当時の人の様子を探る大きな手掛かりとなるのです。

 

石積みの様子

写真6 石積みの様子

 

 最初これは石室開口部かと思いましたが、石積みの様子を見せるためにあるようですね。

 

 ちなみにこれまで何度か話している通り、ここ総社古墳群のなかで一番初めに築かれた古墳がここ王山古墳です。

 

 8世紀初頭頃に上野の国府を誘致することに成功したこの地の有力者の何代か前の先祖、しかも大きな勢力となる礎を築いた高祖的な人の墓なんですね。

 

 ここで遊ぶ子供たちも、大きくなったときに「僕が遊んだあの公園って、凄い人の墓だったんだな」と思い出して、故郷を思う気持ちが強くなってくれれば嬉しいですね。

 

 さて本日は、総社古墳群の古墳を6基探訪しました。

 

 築造の古い順に、ここ王山古墳総社二子山古墳総社愛宕山古墳宝塔山古墳蛇穴山古墳遠見山古墳です。

 

 古墳探訪はこれで終わりとなり、利根川を左岸に渡り、一気に時代を下って近世の前橋城を見に行きましょう。

 

 次回の記事はこちら

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『前橋市史 第一巻』 前橋市史編さん委員会/編 1976年
  • 『群馬県史 資料編3 原始古代3』 群馬県史編さん委員会/編 1981年
  • 『群馬県史 通史編1 原始古代1』 群馬県史編さん委員会/編 1990年

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

前橋八幡山古墳
前橋八幡山古墳は東日本で最古級かつ前方後方墳では最大級の古墳です。
東海地方からやってきてこの地に君臨した王の子孫が被葬者像として浮かびます。
前橋天神山古墳
文殊山古墳
亀塚山古墳
天川二子山古墳
天川二子山古墳は広瀬古墳群に築造された古墳のうち100m級の古墳としては一番最後に築造された前方後円墳です。
被葬者としてはこの地の有力者・朝倉君が想定されます。
飯玉神社古墳
金冠塚古墳
阿弥陀山古墳
前二子古墳
中二子古墳
後二子古墳
小二子古墳
M-1号古墳/大室古墳群
M-4号古墳/大室古墳群
梅の木遺跡
総社二子山古墳
古墳王国群馬県内では、中央で大型前方後円墳の築造が終わった後も、引き続き大型前方後円墳の築造が続きました。
その理由はまだ分かっていませんが、ここ総社二子山古墳もそういった古墳の一つです。
総社愛宕山古墳
総社古墳群の被葬者一族は7世紀に入るとその実力および中央との近親度から、上野国内でトップの地位に登りつめます。
つまり、律令国家が推し進めた国策に乗っかり、上野国府の誘致に成功するのです。
宝塔山古墳および光巌寺
蛇穴山古墳
蛇穴山古墳の築造をもって、ここ総社の地における古墳の築造は止みます。
仏教は東国でも普及し、これ以降、この地の権力者は氏寺に葬られることになるのです。
遠見山古墳
山王廃寺
上野国府および蒼海城
上野国分寺
上野国分尼寺
国分寺館(ガイダンス施設)
国府八幡<前橋八幡>
妙見社
総社神社
総社城
石倉城
前橋城
旧関根家住宅