◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

前方後方墳では東日本最大の規模を誇る前橋八幡山古墳

最終更新日:2015年11月23日

 

 前回の記事はこちら

 

 天川二子山古墳を出て、足の痛みをかばいつつ、前方後方墳である前橋八幡山古墳を目指します。

 

前橋八幡山古墳諸元

 

概要

 

ふりがな まえばしはちまんやまこふん
住所 群馬県前橋市朝倉町4-9-3他

交通 JR両毛線前橋大島駅下車、徒歩約15分(地図上での計測)
史跡指定 国指定史跡
史跡名:八幡山古墳
指定日:昭和24年(1949)7月13日
現況 八幡山公園
築造時期 4世紀
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後方墳 前方後円墳 方墳 円墳 その他
築成 1段 2段 3段 4段 5段
造出 あり なし
規模 全長約130m(現地説明板)
墳丘高 後方部約12m/前方部約8m(現地説明板)
葺石 あり なし
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし

 

埋葬主体

 

位置  
掘り方 竪穴式か(未調査) 横穴式か
石室・槨 不明
規模 不明
直葬 割竹形木棺 舟形木棺 家形石棺 長持形石棺 不明
人骨 不明
副葬品 不明
見学 可能 不可能

 

周溝

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重 不明
中島 あり なし
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物  
周溝を含めた最大長 約m

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2015年5月5日(火)
天候 晴れ
探訪ルート 【5月4日】
総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 宝塔山古墳および光巌寺 → 蛇穴山古墳 → 総社城 → 遠見山古墳 → 山王廃寺 → 上野国分尼寺 → 国分寺館(ガイダンス施設) → 上野国分寺 → 妙見社 → 上野国府および蒼海城 → 総社神社 → 石倉城 → 王山古墳 → 前橋城 → 上野国府八幡
【5月5日】
天川二子山古墳 → 前橋八幡山古墳 → 前橋天神山古墳 → 飯玉神社古墳 → 亀塚山古墳 → 金冠塚古墳 → 文殊山古墳 → 阿弥陀山古墳
【5月6日】
砂町遺跡 → 高崎市歴史民俗資料館 → 元島名将軍塚古墳 → 元島名城 → 高崎情報団地遺跡 → 大類城
同道者 なし

 

偶然の出会いも歴史めぐりの醍醐味の一つ

 

 東へ向けて歩き出すとすぐに広瀬川から分かれた端気川に架かる東橋を渡ります。

 

写真1 東橋

 

 その東は一段低くなっているのが分かります。

 

段丘を一段下がる

写真2 段丘を一段下がる

 

 でも面白いことに、下がる前にもう一本水流があるのです。

 

水路

写真3 水路

 

 先ほどの流れよりも少し大きいですが、帰宅後調べてみたらこちらは人工的な水路のようです。

 

 川を渡ると土地は一段低くなり、「文京郵便局東」交差点に出ました。

 

文京郵便局東交差点

写真4 文京郵便局東交差点

 

 右折してすぐ、面白い道が!

 

段丘の上と下にそれぞれ道

写真5 段丘の上と下にそれぞれ道

 

 段丘の上と下にそれぞれ1本ずつ並行して道が付いています。

 

 八幡山古墳は段丘の上にありますが、何となく段丘下の左側の道を歩きたいなあ。

 

段丘下の道を歩く

写真6 段丘下の道を歩く

 

 多摩風に言えば、「ハケ下の道」を歩きます。

 

 しかし段丘と言っても、高低差は2〜3mくらいでしょうか。

 

 600mくらい歩くと交差点が現れたので、段丘の上に上がります。

 

交差点

写真7 交差点

 

 そういえばこの辺りの住所は朝倉町というのですね。

 

朝倉緑地

写真8 朝倉緑地

 

 朝倉と言えば、上毛野氏の一族に朝倉君(あさくらのきみ)という一族がいました。

 

 上毛野氏は最初はもちろんその名前の通り、ここ群馬出身の人びとによって構成されていたのですが、上毛野氏は地方出身者にしては珍しく中央で貴族として活躍する人びとを輩出し、「上毛野氏」という一つの擬制的なグループを形成し、全然血縁的に関係ない人びともそれに加わったりしました。

 

 645年の大化改新より前は、政権は氏姓(うじかばね)で国内の支配者層をグループ分けして、「みんな親戚仲良し状態」にして国内の政治を行ったわけです。

 

 ですので、上毛野氏といってもかなり巨大な一族になってしまったわけですが、そのなかの朝倉氏というのは、上毛野氏と実際に血縁の可能性が高い、ここ朝倉町の地生えの豪族です。

 

 さきほど見た、天川二子山古墳の被葬者は朝倉氏である可能背が高いと思っています。

 

 おや、商店街に出ました。

 

商店街

写真9 商店街

 

 逆方向を見ます。

 

逆方向を見る

写真10 逆方向を見る

 

 あれ?

 

 あっ!!

 

 道間違ってる!!

 

 何か、さっきの交差点で南方向に行かなければいけなかったのが、西方向に来てしまいました。

 

 足が痛いのに何やってんだろう・・・

 

 ゆっくりと歩いて軌道を修正します。

 

 段丘を挟んだ2本の道に出ました。

 

軌道修正完了

写真11 軌道修正完了

 

 軌道修正は無事に完了しました。

 

 お、遠くにこんもりとした森が。

 

八幡山古墳の森

写真12 八幡山古墳の森

 

 接近しましたが、迂回しなければなりません。

 

もう少し

写真13 もう少し

 

 あれですな。

 

あれ

写真14 あれ

 

 墳丘がチラッと見えました。

 

古墳チラリズム

写真15 古墳チラリズム

 

 こういうのを「古墳チラリズム」と称します。

 

 ここまで来ると、平行して走っている2本の道路の段差が結構広がってきているように見えます。

 

段丘

写真16 段丘

 

 写真の左側の低い方が広瀬川の沖積地となり、古墳は段丘の上の見晴らしのいい場所にあるわけです。

 

前橋八幡山古墳

写真17 前橋八幡山古墳

 

 おっと、これは俺に対する挑戦か!?

 

キミにはこれをくぐる勇気があるかな?

写真18 キミにはこれをくぐる勇気があるかな?

 

 よし、ちゃんとくぐってやった。

 

 イニシエーションを無事に済ませたので、八幡山公園の中をウロウロしてみます。

 

前橋八幡山古墳後方部

写真19 前橋八幡山古墳後方部

 

 周溝もあったはずですね。

 

周溝跡

写真20 周溝跡

 

 くびれ部分の先に前方部が見えます。

 

くびれ部分の先に前方部

写真21 くびれ部分の先に前方部

 

 少し遠くから全体を見てみましょう。

 

東側から見る

写真22 東側から見る

 

 また少し回って、前方部から後方部方向にくびれを見ます。

 

前方部から後方部方向を見る

写真23 前方部から後方部方向を見る

 

 じゃあ、前方部から登るよ!

 

前方部から登る

写真24 前方部から登る

 

 前方部の墳頂から後方部を見ます。

 

写真25 前方部の墳頂から後方部を見る

 

 前方部から西の方を見ると、非常に薄ーく、一部に雪を載せた浅間山が見えます。

 

一部に雪を載せた浅間山を望む

写真26 一部に雪を載せた浅間山を望む

 

 後方部墳頂へ行きましょう。

 

前方部の墳頂から後方部を見る""

写真27 前方部の墳頂から後方部を見る

 

 おーっ!

 

 四角い!

 

 エッヂが効いてるね!

 

後方部のエッヂ

写真28 後方部のエッヂ

 

 二つの高まりのうち、高い方が丸くなく四角いというのは非常に新鮮です。

 

 2年前に高崎市の元島名将軍塚古墳を見ましたが、私は前方後方墳を見るのはまだ2個目だと思います。

 

山々

写真29 山々

 

 後方部から前方部を見ます。

 

後方部から前方部を見る

写真30 後方部から前方部を見る

 

 遠くの方には雪山が連なっているのも見えますね。

 

雪山

写真31 雪山

 

 ところで、さきほどから墳丘の上には私とは別にもう一人、50代くらいの男性が興味ありげに歩く姿が見えます。

 

墳丘にさまよう人影

写真32 墳丘にさまよう人影

 

 だいたいこういう所に来るくらいなので、古墳が好きなことは最初から明確ですので、私はこういった場所ですれ違った人には必ず声を掛けるようにしています。

 

 なのでいつもの通り話しかけ、古墳話をしながら名刺を交換すると、その方は都心にある某有名私大の教授でした。

 

 高崎から大学まで新幹線で通勤しているということで、考古学とか文献史学とかの教授ではないのですが、古墳も興味があって意外と地元の古墳は見ていなかったので今日は来てみたそうです。

 

 しばらく先生と語り合いながら古墳を歩きます。

 

 「そういえば、まだ標柱を見てないです」と私が言うと、「あっちにあるかもしれませんね」ということで、後方部の北側に降りてみました。

 

 すると、国指定史跡を示す標柱と石造りの立派な説明板がありました。

 

標柱

写真33 標柱

 

 普通は白い標柱ですが、ここは黒い石で造られていてカッコいいですね。

 

 先生も多分他に行きたい場所もあると思いますので、まとわりつくのはそろそろやめて、先生と別れ次の目的地を目指すことにします。

 

 後日譚ですが、家で聖徳太子関連の調査をしていたら、大山誠一氏が編した本の中に上の先生の論文が収められていることに気付きました。

 

 その本は探訪よりも前に読んでいたのですが、現地ではまったく思い出しませんでした。

 

 何たる不覚・・・

 

 でも嬉しかったので先生にメールを送り、その中でついでに以前から気になっていた日本書紀に収録されている来目歌の成立年代についてお訪ねしたところ、論拠はとてもメールでは説明しきれないということでしたが、結論をお聞きすることができ、私のエミシ研究が一歩前進することになりました。

 

 しかしそれにしても、こういう偶然の出会いって本当に面白いですね。

 

もう一度南東側からの全景

写真34 もう一度南東側からの全景

 

 次は、前橋天神山古墳を目指します。

 

 次回の記事はこちら

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『前橋市史 第一巻』 前橋市史編さん委員会/編 1976年
  • 『群馬県史 資料編3 原始古代3』 群馬県史編さん委員会/編 1981年
  • 『群馬県史 通史編1 原始古代1』 群馬県史編さん委員会/編 1990年
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

前橋天神山古墳
文殊山古墳
亀塚山古墳
天川二子山古墳
天川二子山古墳は広瀬古墳群に築造された古墳のうち100m級の古墳としては一番最後に築造された前方後円墳です。
被葬者としてはこの地の有力者・朝倉君が想定されます。
飯玉神社古墳
金冠塚古墳
阿弥陀山古墳
前二子古墳
中二子古墳
後二子古墳
小二子古墳
M-1号古墳/大室古墳群
M-4号古墳/大室古墳群
梅の木遺跡
王山古墳
総社古墳群に現存する古墳のうち最も古い古墳が王山古墳です。
6世紀代に築造されたと考えられている王山古墳は他の一般的な前方後円墳より段の数が倍あり、特殊な印象を受けます。
総社二子山古墳
古墳王国群馬県内では、中央で大型前方後円墳の築造が終わった後も、引き続き大型前方後円墳の築造が続きました。
その理由はまだ分かっていませんが、ここ総社二子山古墳もそういった古墳の一つです。
総社愛宕山古墳
総社古墳群の被葬者一族は7世紀に入るとその実力および中央との近親度から、上野国内でトップの地位に登りつめます。
つまり、律令国家が推し進めた国策に乗っかり、上野国府の誘致に成功するのです。
宝塔山古墳および光巌寺
蛇穴山古墳
蛇穴山古墳の築造をもって、ここ総社の地における古墳の築造は止みます。
仏教は東国でも普及し、これ以降、この地の権力者は氏寺に葬られることになるのです。
遠見山古墳
山王廃寺
上野国府および蒼海城
上野国分寺
上野国分尼寺
国分寺館(ガイダンス施設)
国府八幡<前橋八幡>
妙見社
総社神社
総社城
石倉城
前橋城
旧関根家住宅