慧眼の士・阿曽沼広郷築城の鍋倉城

最終更新日:2018年2月2日

 

鍋倉城概要

 

ふりがな なべくらじょう
別名 横田城
住所 岩手県遠野市遠野

史跡指定
現況 鍋倉公園
規模/比高 約×約m/比高m
目で見られる遺構
復元
存続時期
城主・城代・関係者 阿曽沼広郷
城攻めの記録
大手方向
仮想敵方向  
関連施設
その他

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 1998年8月某日
天候 晴れ

 

遠野歴史探訪・ファーストタッチ

 

 遠野には観光に行ったのですが、お城があるということだったのでついでに鍋倉城を見てきました。

 

 

 

 この時はまだ中世の遠野を治めた阿曽沼氏に関する知識はまったくなかったのですが、遠野に行ったことにより、阿曽沼氏の調査に没頭するようになります。

 

 

 そしてホームページ「奥州城壁癖」に調べたことを掲載していたところ、遠野市在住のとらねこさんとお友達になり、ここ数年はお会いすることができていないのですが、インターネットのお陰で未だに繋がっています。

 

 

 とらねこさんには私が受けた神社の本の仕事の時に写真を提供していただいたこともありますよ。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

横手城

鍋倉城

飛勢城

 

スポンサードリンク


第2回 探訪記録

 

探訪年月日 2000年5月4日(木)
天候
探訪ルート 横田城 → 阿曽沼公歴代碑 → 鍋倉城 → 成島毘沙門堂 → 飛勢城
同道者 なし

 

雨は残念だが城歩きは楽しいねえ

 

 横田城を見学し、阿曽沼公歴代碑にお参りした後、遠野駅までそのまま歩いて戻ってきました。

 

 結構歩いたので腹が減った感は否めません。

 

 食料品店を探していると、遠野駅のそばで蒸気機関車を発見!

 

クラウス17号

写真1 クラウス17号

 

クラウス17号説明

写真2 クラウス17号説明

 

 説明にある通り、このSLはクラウス17号といって、明治22年(1889)にドイツで製造されて、九州鉄道、東京横浜鉄道、北海道の鉱山などで働き、大阪万博にも参加し、昭和61年(1986)まで遠野で走っていたそうです。

 

 車掌車もありますよ。

 

車掌車

写真3 車掌車

 

 鍋倉城跡へ向かう途中、食料品店(コンビニではないよ!)でパンを買って食べながら歩きます。

 

 鍋倉城跡へは遠野駅から南に延びるメインストリートを進んでいけば辿りつけます。

 

 場所はこの図でご確認ください。

 

鍋倉城跡周辺地形図

図1 鍋倉城跡周辺地形図

 

 鍋倉城跡は現在「鍋倉公園」となっており、公園の入口の左手には市立博物館と図書館、入口から少し石段を登ると南部神社があります。

 

南部神社

写真4 南部神社

 

 南部神社の祭神は以下の通りです。

 

  • 南部実長命
  • 南部実継命
  • 南部長継命
  • 南部師行命
  • 南部政長命
  • 南部信光命
  • 南部信政命
  • 南部政光命

 

 この八柱の神々は、根城南部家の初代から8代目までの当主で、社伝によると南部神社はこれら八柱の神々のうち、当初は4代目師行以降を祭神として南北朝時代に創建されたそうです。

 

 初代から3代目までは昭和34年に合祀されたということですが、史料上では初代から師行にいたる系譜については同時代史料で確定することはできず、江戸時代に現在敷衍している根城南部氏系図が確定されたことにより、昭和になってから祭神として加わったのだと思います。

 

 昭和15年までは鍋倉神社と呼ばれていました。

 

 鍋倉公園および鍋倉城について簡単に説明されています。

 

鍋倉公園および鍋倉城説明板

写真5 鍋倉公園および鍋倉城説明板

 

 ここで鍋倉城跡の全体像を掴んだら、各所を歩いてみましょう。

 

鍋倉城略図

写真6 鍋倉城略図(案内板をもとに作成)

 

 遠野はGWが桜の見頃ですが、こう天気が悪いと綺麗な写真が撮れなくて残念です。

 

 現在の神社登り口は「水溜め堀跡」だそうです。

 

水溜め堀跡説明板

写真7 水溜め堀跡説明板

 

 水堀があったということでしょうか。

 

 南部神社の社地より南に向かって石段が延びています。

 

頂部を見上げる

写真8 頂部を見上げる

 

 石段を登って南部神社より一段高い郭に来ました。

 

 振り返ると、遠野駅が見えるじゃないの。

 

中腹より遠野駅を望む

写真9 中腹より遠野駅を望む

 

 景色がくすんでいますが、遠くに遠野駅が見えますね。

 

平野六角牛の碑

写真10 平野六角牛の碑

 

 石段はまだ続きます。

 

本丸への石段

写真11 本丸への石段

 

 ここからさらに登ると本丸へ行き、左に行くと三の丸に出ます。

 

 まずは、本丸へ上がってみましょう。

 

 大手門跡の下に来ました。

 

大手門跡の下

写真12 大手門跡の下

 

 大手門跡に到着。

 

大手門跡説明板

写真13 大手門跡説明板

 

大手門跡標柱

写真14 大手門跡標柱

 

 本丸は結構広々としています。

 

本丸跡説明板

写真15 本丸跡説明板

 

 本丸をウロウロしていると、搦手門跡を発見。

 

搦手門跡

写真16 搦手門跡

 

 この土塁が伸びている様子はいいですねえ。

 

搦手門から伸びる土塁

写真17 搦手門から伸びる土塁

 

 城内八幡神社跡。

 

城内八幡神社跡

写真18 城内八幡神社跡

 

 腰曲輪があります。

 

腰曲輪

写真19 腰曲輪

 

 この先へ行くと二の丸跡です。

 

二の丸跡へ

写真20 二の丸跡へ

 

 本丸の南側から下におりて、本丸を取り囲むように走っている通路に出ました。

 

 そこを西に向かって歩いていくと・・・

 

空堀

写真21 空堀

 

 おーっ!空堀だー!

 

空堀

写真22 空堀

 

 これは往時の佇まいを今に伝える貴重な遺構です。

 

空堀説明板

写真23 空堀説明板

 

 やっぱり、土塁と空堀を見ることは城めぐりの醍醐味ですね。

 

 説明板に書かれている通り、往時はこの土塁に沿って老杉の大木の並木があり、堀の外側から内部の様子を窺い知ることができないようになっていたといいます。

 

 また、その他の防御施設としては、さきほど北側の谷地にある「水留めの堀」を見ましたね。

 

 さらに西側斜面は「イバラ」や「カラタチ」などのトゲのある植物を植えて外敵に備えていたそうです。

 

 腰郭が見えます。

 

腰郭

写真24 腰郭

 

 さらに空堀を左手に見ながら澤里屋敷跡を目指します。

 

 さようなら、空堀。

 

空堀

写真25 空堀

 

澤里屋敷跡へ

写真26 澤里屋敷跡へ

 

 澤里屋敷跡は本丸よりも低い位置にありますが、独立した郭になっていてとても見晴らしがいいです。

 

澤里屋敷跡

写真27 澤里屋敷跡

 

 澤里屋敷跡からのヴュー。

 

澤里屋敷跡からのヴュー

写真28 澤里屋敷跡からのヴュー

 

 しかし、今日は天候不順のため、こんなヴューになってしまった・・・

 

 晴れていればよかったのに・・・

 

 ここからはもと来た道を戻って東側の三の丸へと向かいます。

 

三の丸へ

写真29 三の丸へ

 

 三の丸には「なべくら展望台」があって、展望台の中に入ると遠野の景色を眺めながら音声再生装置で遠野の民話を聞けるようになっています。

 

 流石「民話のふるさと」です。

 

 ところで、このBGMは姫神の作曲でしょうか?

 

 三の丸から本丸を見上げてみます。

 

三の丸より本丸を見上げる

写真30 三の丸より本丸を見上げる

 

 三の丸から本丸を見上げても結構な高さがありますが、本丸の標高は343メートルで、市街地との比高差は78メートルあります。

 

 以上、このあたりで鍋倉城跡の紹介を終えますが、今まで紹介した以外にも八幡神社跡や全長200メートルにも及ぶ馬場の跡など見所は多いです。

 

 鍋倉城は山城ですが、公園として整備されているのでとても歩きやすく、案内板も多く建っており昔の遺構も残っているのですごくエキサイティングな城跡ですよ。

 

 遠野へ来る機会があったら、是非登ってみてくださいね。

 

『遠野市史』ゲット!

 

 つづいて私は昼食を摂りに鍋倉城の近くの食堂に入りました。

 

 ひっつみ定食があったので注文してみます。

 

 城めぐりの後の食事は旨いねえ。

 

 また、山菜のてんぷらも美味しい。

 

 雨がかなり強くなってきました。

 

 帰ろうと思って駅に向かって歩いていると一件の本屋を発見。

 

 私は旅先で本屋を見つけると必ず立ち寄って郷土出版物を探すことにしています。

 

 店に入ってみると、絶版と聞かされていた『遠野市史』の第一巻が売っていました。

 

 値段は7000円。

 

 古書店ならもっと安く買えると思いましたが、遠野に来た記念にゲット(後で知りましたが、自治体史は古書だともっと高い場合があります)。

 

 そして、お店のご主人に何気なく「阿曽沼氏関係の資料を探しているんですが・・・」と話し掛けたところ、「それなら知り合いに研究している人がいるので紹介するよ」ということで、早速その方に電話をかけてくれました。

 

 しかし残念ながら、その方はお孫さんの所に遊びに行っていて留守でした。

 

 そうしたらご主人は家に戻っていって、「こんなのでよければ」と、2冊の古い書物を持ってきてくれました。

 

 2冊とも一般売りしていない書物で、大正9年と昭和27年に書かれたものでした。

 

 なんでもそのご主人のお父さんの遺していった書物だそうで、ご主人に許可を取ってお店で複写させていただきました(本当に貴重な書物をコピーさせて頂きありがとうございました)。

 

 さて、有意義な時間を過ごしたあと、酒屋で遠野の地ビール「ズモナビール」を購入して私は帰途についたのです。

 

 そして帰りは途中下車して飛勢城に立ち寄りました。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

阿曽沼公歴代碑

鍋倉城

成島毘沙門堂

 

 

【参考資料】

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。