阿曽沼公歴代碑

最終更新日:2018年2月2日

 

ふりがな あそぬまこうれきだいひ
住所 岩手県遠野市松崎町光興寺

史跡指定

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2000年5月4日(木)
天候
探訪ルート 横田城 → 阿曽沼公歴代碑 → 鍋倉城 → 成島毘沙門堂 → 飛勢城

 

 

 横田城を見た後、雨に降られながら街道を歩き、6〜7分で阿曽沼公歴代碑に到着しました。

 

阿曽沼公歴代碑

写真1 阿曽沼公歴代碑

 

標柱

写真2 標柱

 

説明板

写真3 説明板

 

 400年近くの永きに渡り遠野を統治してきた阿曽沼氏のことなので、もう少し多くの墓石などが並んでいる姿を想像していた私としては、この歴代碑を見て少し寂しい気がします。

 

 しかしそれでも、地元民や御子孫の方々が頑張って作られた碑です。

 

 これからも大切にして欲しいと切に思います。

 

鍋倉城方面を望む

写真4 鍋倉城方面を望む

 

 それでは遠野駅へ向かいましょう。

 

 雨はいよいよ本降りになってきましたよ。

 

 そろそろ傘をさそう(ちなみに、近くに江戸時代の「女性殿様」である清心尼の墓碑もありますが今回は訪ねません)。

 

 少し歩くとカッパ淵がありました。

 

 そうそう、遠野といえばカッパと座敷わらしだもんな・・・

 

 当時の私の遠野に対するイメージはこの程度でした。

 

 ここに住んでいた太郎という名のカッパは、川に洗濯に来る女性に悪戯していたといいます。

 

 そういった太郎の行動にやきもちを焼く「彼女カッパ」も一緒に住んでいたそうですが、惜しいことに彼女の名前は伝わっていません。

 

 また、太郎の子孫についての系譜も不明です。

 

 このあと私は、車の往来は激しくても歩行者などはほとんど歩いていない街道を、鍋倉城に向かって黙々と歩いていきました。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

横田城

阿曽沼公歴代碑

鍋倉城

 

【参考資料】

  • 現地説明板
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。