◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

相模国分尼寺跡

最終更新日:2017年5月4日

 

相模国分尼寺跡概要
ふりがな さがみこくぶんにじあと
通称
住所 神奈川県高座郡寒川町宮山3916

史跡・文化財指定
史跡名:相模国分尼寺跡
指定日:平成9年(1997)4月3日
追加指定日:平成20年(2008)3月28日
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2017年4月29日(土)
天候 快晴
探訪ルート 寒川神社 → 前鳥神社 → 相模国府跡 → 平塚市博物館 → 塚越古墳 → 海老名市温故館 → 相模国分寺跡 → 相模国分尼寺跡 → 秋葉山古墳群
同道者 なし

 

 

 相模国分尼寺跡のレポートは、ブログ「日本史大戦略 Side-B」にて公開しています。

 

 

「日本史大戦略 Side-B」内「相模国分尼寺跡」のページ

 

<< 戻る

現在地

進む >>

相模国分寺跡

相模国分尼寺跡

秋葉山古墳群

 

【参考資料】

  • 現地説明板
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。