◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

山居古墳/飯野坂古墳群

最終更新日:2016年5月27日

 

山居古墳概要

 

ふりがな さんきょこふん
通称
住所 宮城県名取市名取が丘1丁目

交通 JR東北本線/常磐線名取駅下車、徒歩約25分
史跡・文化財指定 国指定史跡
名称:飯野坂古墳群
指定年月日:昭和53年(1978)3月16日
現況 古墳
築造時期 4世紀
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後円墳 前方後方墳  円墳 方墳 八角墳 上円下方墳
築成 1段 2段 3段 4段 5段
造出 あり なし
規模 全長約60m(現地説明板)
墳丘高 後方部約4.8m/前方部約2.8m(現地標柱)
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし

 

埋葬主体

 

 不明。竪穴式石室のはず。

 

周溝

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重 不明
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物  
周溝を含めた最大長 約m

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2016年5月12日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 【5月12日】 亘理郡家<三十三間堂官衙遺跡> → 雷神山古墳および小塚古墳(植松城) → 山居古墳 → 観音塚古墳 → 宮山古墳 → 薬師堂古墳 → 諏訪神社 → 陸奥国府および郡山廃寺<郡山遺跡> → 北目城 → 遠見塚古墳 → 若林城 → 保春院 → 法領塚古墳 → 陸奥国分尼寺 → 陸奥国分寺
【5月13日】 鹽竈神社博物館 → 志波彦神社 → 鹽竈神社 → 荒脛巾神社 → 陸奥総社宮 → 多賀城外郭北東隅・外郭東門跡・大畑地区 → 多賀城六月坂地区および多賀神社 → 多賀城神社 → 貴船神社 → 伏石 → 多賀城政庁 → 多賀城作貫地区 → 多賀城碑 → 館前遺跡 → 今野家住宅 → 高崎多賀神社 → 多賀城廃寺 → 東北歴史博物館
同道者 なし

 

 

 いやー、雷神山古墳は楽しかった!

 

 ついで、名取駅に向かうまでに前方後方墳と方墳で構成される飯野坂古墳群の古墳をいくつか見てみましょう。

 

 雷神山古墳から眺めた北側の丘に登る道を目指します。

 

 少し迷いつつ坂道を発見。

 

 登りつめて振り返ると雷神山古墳の丘が見えます。

 

雷神山古墳の丘

写真1 雷神山古墳の丘

 

 手元の地図を見ると、山居古墳から訪れるのが良さそうです。

 

 山居古墳は隣の丘ですね。

 

 今度は坂を下ります。

 

坂を下る

写真2 坂を下る

 

 この辺は「名取が丘」と呼ばれる新興住宅地なので、道標や石仏などの歴史的な遺物はまった見当たりませんね。

 

名取が丘

写真3 名取が丘

 

 あの赤松が生えている高まりが山居古墳だと思われます。

 

山居古墳の松の木が見える

写真4 山居古墳の松の木が見える

 

 途中、ゴミ捨て場の前を通ると、突如強風が吹き、プラコンにうずたかく積まれていた空き缶がバラバラと道路に転がり出しました。

 

 ちょうど通りかかったシニアのご婦人と一緒にそれを回収し、プラコンに収めますが、また風が吹いたら元の木阿弥だなと思っていると、ちょうどよく回収車がやってきたのでこれで安心です。

 

 ご婦人からは「お仕事中ごめんね」と言われ、私は首からボードとカメラをぶら下げて、しかもネームプレートまで付けているので、仕事をしているふうに見られたようです。

 

 確かに仕事と言えば仕事ですし、趣味と言えば趣味なのですが、実は最近の私はもう仕事と趣味の境界を設けないようにしているのです。

 

 さて、前方に山居古墳が見えてきました。

 

古墳チラリズム

写真5 古墳チラリズム

 

 おっ、墳丘!

 

墳丘

写真6 墳丘

 

 早速墳丘の上に登ります。

 

 山居古墳は飯野坂古墳群を形成する古墳の一つで、墳丘長が約60メートルの前方後方墳です。

 

 宮山古墳の近くにある説明板によると、飯野坂古墳群は以下のような古墳配置となっています。

 

写真7 飯野坂古墳群配置図
クリックにて拡大させて見てください

 

 築造された順番は、「観音塚古墳 → 宮山古墳 → 薬師堂古墳 → 山居古墳 → 山居北古墳」と考えられています。

 

 後方部から前方部を見ます。

 

後方部から前方部を見る

写真8 後方部から前方部を見る

 

 後方部の墳頂。

 

後方部の墳頂

写真9 後方部の墳頂

 

 こういう丸裸の古墳の場合は、墳頂から景色を眺めるのも楽しみの一つです。

 

墳頂から景色を眺める

写真10 墳頂から景色を眺める

 

 古墳は丘の上に築かれることも多いので、眺望に優れているんですよね。

 

墳頂から景色を眺める

写真11 墳頂から景色を眺める

 

 この山は何と云う名前でしょうかねえ?

 

気になる山

写真12 気になる山

 

 そして、前方後方墳の場合は、後方部のエッヂ(角)の部分を見るのも好きなのです。

 

後方部のエッヂ

写真13 後方部のエッヂ

 

 もちろん墳丘は復元されている場合が多いのですが、それでも綺麗に成形されていると嬉しいのです。

 

 チョロッと海が見えますね。

 

海が見える

写真14 海が見える

 

 くびれ部分。

 

くびれ部分

写真15 くびれ部分

 

 くびれ部分、反対側。

 

くびれ部分

写真16 くびれ部分

 

 北側の道路は墳丘の形に少し沿った形になっています。

 

 あの森は次に訪れる観音塚古墳でしょう。

 

観音塚古墳

写真17 観音塚古墳

 

 さて、飯野坂古墳群の特徴は何と言っても四角いことですね。

 

 四角い、というのは墳丘の形のことです。

 

 現在残っている古墳だけでも、前方後方墳が5基、方墳が2基あります。

 

 時代的には4世紀代ということで、先ほど訪れた雷神山古墳と同じ頃にその目と先にこれだけの規模の古墳群が造られていたのです。

 

 雷神山古墳は東北で最も大きい前方後円墳ですので、被葬者はあきらかにヤマト政権と関係の深い仙台平野のボスです。

 

 ところがこちらは四角い古墳群。

 

 なぜ四角い古墳を立て続けに最低7基も造ったのでしょうか。

 

 歩きながら考えてみましょう。

 

【参考資料】

  • 現地説明板および標柱
  • 『新版古代の日本9 東北・北海道』 坪井清足・平野邦雄/監修 1992年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

雷神山古墳および小塚古墳(植松城)

山居古墳

観音塚古墳

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。