◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

多賀城六月坂地区および多賀神社

最終更新日:2016年7月10日

 

多賀城六月坂地区および多賀神社概要

 

ふりがな たがじょうろくがつざかちくおよびたがじんじゃ
通称
住所 宮城県多賀城市市川字六月坂

史跡・文化財指定 国指定特別史跡
史跡名:多賀城跡 附 寺跡
指定年月日:大正11年(1922)10月12日
特別指定年月日:昭和41年(1966)4月11日
追加年月日:平成5年(1993)年9月22日

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2016年5月13日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 【5月12日】 亘理郡家<三十三間堂官衙遺跡> → 雷神山古墳および小塚古墳(植松城) → 山居古墳 → 観音塚古墳 → 宮山古墳 → 薬師堂古墳 → 諏訪神社 → 陸奥国府および郡山廃寺<郡山遺跡> → 北目城 → 遠見塚古墳 → 若林城 → 保春院 → 法領塚古墳 → 陸奥国分尼寺 → 陸奥国分寺
【5月13日】 鹽竈神社博物館 → 志波彦神社 → 鹽竈神社 → 荒脛巾神社 → 陸奥総社宮 → 多賀城外郭北東隅・外郭東門跡・大畑地区 → 多賀城六月坂地区および多賀神社 → 多賀城神社 → 貴船神社 → 伏石 → 奏社宮道道標 → 多賀城政庁 → 多賀城作貫地区 → 多賀城碑 → 館前遺跡 → 今野家住宅 → 高崎多賀神社 → 多賀城廃寺 → 東北歴史博物館
同道者 なし

 

式内社多賀神社が鎮座まします

 

 多賀城の大畑地区を観て盛り上がってきました。

 

 多賀城、想像以上に楽しいです。

 

 手元の地図を眺め、これからどうやって歩こうか考えます。

 

 ここは順当に旧塩竈街道を歩いて六月坂地区へ行くのが良さそうです。

 

 10分ほど歩くと左にカーブしている場所に説明板らしきものが見えました。

 

説明板らしきものが見える

写真1 説明板らしきものが見える

 

 お、六月坂地区の標柱発見。

 

六月坂地区の標柱

写真2 六月坂地区の標柱

 

 説明板を見てみましょう。

 

説明板

写真3 説明板

 

説明板

写真4 説明板

 

 さきほどから旧塩竈街道を歩いているわけですが、現在の道筋と多賀城が機能していた頃の道筋はややずれていて、東門跡から西に伸びた道はここの北側を通っていたんですね。

 

 そしてここには何やら古そうなお堂のようなものがあります。

 

多賀神社

写真5 多賀神社

 

 標柱には多賀神社と書いてありますが、何と!この神社は式内社でした!

 

多賀神社標柱

写真6 多賀神社標柱

 

多賀神社

写真7 多賀神社

 

 式内社というのは、10世紀初頭に書かれた法律書の一種である『延喜式』の「神名帳」に記載された神社のことで、全国に2861社あり、神の数でいうと3132座となっています。

 

 『延喜式』に記されている神社は公的な支援を受ける官社であり、つまり国家から重要視されていた神社ということになるので、現在でも神社の権威を表す一つの指標として使われています。

 

 このあと、多賀城廃寺跡の北にある高崎の多賀神社を訪れたのですが、ここの多賀神社と高崎の多賀神社は式内社の論社ということで、実際どちらが式内社かどうかは判明していないようです。

 

 式内社の中にはここのように正確な場所が確定していないものも多くて、『延喜式』に記された段階での位置を厳密に確定するために考察するのも楽しいと思いますが、大ざっぱにこの辺り一帯に神様がましましたと思うだけでも良いのかもしれません。

 

多賀神社

写真8 多賀神社

 

 ところで、「多賀」城に「多賀」神社があるのはなぜでしょうか?

 

 『新装普及版 神社辞典』によると、多賀神社は全国に独立神社として77社、境内神社として156社、合計233社あり、本社は滋賀県犬上郡多賀町にある多賀大社で、祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)です。

 

 ただし、ここの多賀神社を含め、全国の多賀神社すべてが近江の多賀大社の流れであるとは限らず、「たか」や「たが」という地名は地勢が高い場所に付けられるので、ここ多賀城の「たが」はそういった意味の地名であると思われ、その場所にある神社ということで「多賀神社」と呼ばれた可能性があります。

 

 旧塩竈街道はここから先が下り坂になっているのが分かりますね。

 

坂を下っていく

写真9 坂を下っていく

 

 それでは引き続き、旧塩竈街道を歩いてみましょう。

 

【参考資料】

  • 『新装普及版 神社辞典』 白井永二・土岐昌訓/編 1997年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

多賀城外郭北東隅・外郭東門跡・大畑地区

多賀城六月坂地区
および多賀神社

多賀城神社

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。