◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

多賀城政庁

最終更新日:2016年5月15日

 

現在構築中!

 

多賀城政庁概要

 

ふりがな たがじょうせいちょう
通称
住所 宮城県多賀城市

8〜9世紀
史跡・文化財指定 国指定特別史跡
史跡名:多賀城跡 附 寺跡
指定年月日:大正11年(1922)10月12日
特別指定年月日:昭和41年(1966)4月11日
追加年月日:平成5年(1993)年9月22日

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2016年5月13日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 【5月12日】 亘理郡家<三十三間堂官衙遺跡> → 雷神山古墳および小塚古墳(植松城) → 山居古墳 → 観音塚古墳 → 宮山古墳 → 薬師堂古墳 → 諏訪神社 → 陸奥国府および郡山廃寺<郡山遺跡> → 北目城 → 遠見塚古墳 → 若林城 → 保春院 → 法領塚古墳 → 陸奥国分尼寺 → 陸奥国分寺
【5月13日】 鹽竈神社博物館 → 志波彦神社 → 鹽竈神社 → 荒脛巾神社 → 陸奥総社宮 → 多賀城外郭北東隅・外郭東門跡・大畑地区 → 多賀城六月坂地区および多賀神社 → 多賀城神社 → 貴船神社 → 伏石 → 奏社宮道道標 → 多賀城政庁 → 多賀城作貫地区 → 多賀城碑 → 館前遺跡 → 今野家住宅 → 高崎多賀神社 → 多賀城廃寺 → 東北歴史博物館
同道者 なし

 

 

古墳時代前期に、阿武隈川の対岸には雷神山古墳や飯野坂古墳群が築造される。

 

亘理郡にはそれに比べると古墳はかなり貧弱。

 

国造→評だとすると、孝徳朝のときには亘理評はできたのだろう。そしてそれと同じ頃、郡山遺跡の第一期ができている。亘理郡家から北に17km。

 






































 

写真1 

 

 

【参考資料】

 

現在地

進む >>

亘理郡家
<三十三間堂官衙遺跡>

小塚古墳(植松城)

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。