◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

勝山古墳

最終更新日:2016年10月23日

 

勝山古墳概要
ふりがな かつやまこふん
住所 奈良県桜井市東田字勝山

 

墳丘

 

形状 前方後円墳 前方後方墳  円墳 方墳 八角墳 上円下方墳
築成 1段 2段 3段 4段 5段
造出 あり なし
規模 全長約115m(現地説明板)
墳丘高 不明
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし

 

埋葬主体

 

不明

 

周溝

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重 不明
中島 あり なし
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物 土器・木製品が多数
周溝を含めた最大長 約m

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪データ

探訪年月日 2016年10月15日(土)
天候 晴れ
探訪ルート

【1日目】
唐古・鍵考古学ミュージアム → 桜井市立埋蔵文化財センター → 箸墓古墳 → 勝山古墳 → 矢塚古墳 → 纒向石塚古墳 → 大神神社
【2日目】
藤原宮跡 → 藤原京朱雀大路跡 → 橿原考古研究所附属博物館 → 藤原京資料室 → 飛鳥資料館 → 飛鳥京苑池遺跡 → 飛鳥宮跡

 

 念願の箸墓古墳を見ることができましたが、日没までもう少し時間があるので付近の古墳を見てみたいと思います。

 

 桜井市埋蔵文化財センターで購入した『纒向へ行こう!』のガイドマップを見ると、箸墓古墳に先行する纒向型前方後円墳と名付けられている石塚古墳などがあるので、そこへ行ってみましょう。

 

 ナビには纒向小学校をセットして雷電號を走らせます。

 

 お、こんもりと森が見える。

 

 これかな?

 

 説明板があるようなので車から降りて確認してみます。

 

勝山古墳説明板

写真1 勝山古墳説明板

 

 あれ、勝山古墳だって?

 

勝山古墳の後円部を南から見る

写真2 勝山古墳の後円部を南から見る

 

 なんか違う古墳に来てしまいました。

 

勝山古墳の後円部を南から見る

写真3 勝山古墳の後円部を南から見る

 

 ま、いっか。

 

 せっかく来たので勝山古墳の周りを歩いてみよう。

 

 遠くに見えるあの森も古墳だろうか?

 

古墳か?

写真4 古墳か?

 

 現在の勝山池が当時の周溝の形そのままではないようですが、北側の一部分ラインはおおよそ当時のラインと一緒みたいです。

 

勝山古墳の後円部を北から見る

写真5 勝山古墳の後円部を北から見る

 

 勝山古墳の隣にある纒向小学校からは幅5メートル、深さ1.2mの大溝が見つかっており、灌漑用であるとともに物資輸送用の水路であったと考えられています。

 

 勝山古墳の向こうにはさきほど車を止めた場所の近くに標識が出ていた矢塚古墳が見えます。

 

矢塚古墳遠景

写真6 矢塚古墳遠景

 

 あとで行ってみよう。

 

 勝山池の周りをグルッと歩いてきましたが、古墳の周りは一周できないようです。

 

左は削平された前方部

写真7 左は削平された前方部

 

 古墳らしい高まりが残っているのは後円部だけで前方部は削平されて畑になってしまったようです。

 

 では最初の場所に戻りましょう。

 

 遠くに見える二つのピークは石器の材料となったサヌカイトや古墳の石室の材料となった凝灰岩が豊富に取れるという二上山かしら?

 

西側を見る

写真8 西側を見る

 

 矢塚古墳の背後に見える小さい山、あれはきっと耳成山でしょう。

 

遠くに耳成山

写真9 遠くに耳成山

 

 あー、でもこうやって夕方の長閑な風景の中を歩くのって気持ちいいな。

 

 元の場所に戻ってきて後円部から前方部を見ますが、これだけ樹木が繁茂していると一番素敵な「くびれ」部分が良く分からないですね。

 

後円部から前方部を見る

写真10 後円部から前方部を見る

 

 それじゃあ、矢塚古墳に行ってみよう。

 

 次に訪れた矢塚古墳の説明板には、「纒向型前方後円墳」の特徴が書かれており、その一つとして後円部径と前方部長の比率が「2:1」になるというのがありますが、『研究最前線 邪馬台国』所収「纒向遺跡でいま、何が言えるのか」(橋本輝彦)によると、最近の研究では勝山古墳や東田大塚古墳は前方部が長く、矢塚古墳纒向石塚古墳は反対に短いということが分かってきており、纒向型前方後円墳の定義については再考する余地がありそうです。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

箸墓古墳

勝山古墳

矢塚古墳

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『纒向へ行こう! −初期ヤマト政権発祥の地を歩く−』 桜井市埋蔵文化財センター/編
  • 『研究最前線 邪馬台国』所収「纒向遺跡でいま、何が言えるのか」 橋本輝彦 2011年

 

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

纒向石塚古墳
矢塚古墳
ホケノ山古墳
箸墓古墳
史上初の定型化された前方後円墳。
なぜこのような巨大な古墳が突如誕生したのか?箸墓古墳には古代のロマンが詰まっています。
国津神社
大神神社
桜井市埋蔵文化財センター