愛宕山古墳/埼玉古墳群

最終更新日:2017年7月30日

 

愛宕山古墳概要

 

ふりがな あたごやまこふん
別名
住所 埼玉県行田市埼玉4834(さきたま史跡の博物館所在地)

交通 JR行田駅から市内循環バス「観光拠点循環コース」、埼玉古墳公園前下車、徒歩すぐ

・左回り(乗車時間約15分) 9:05発 12:50発 15:15発
・右回り(乗車時間約40分) 7:50発 10:40発 14:05発
※時刻表は2016年2月11日時点です。変更されれる場合がありますので探訪する場合は事前にご確認ください
※市内循環バス以外にもバスがありますので、埼玉県立さきたま史跡の博物館のWebサイトでご確認ください

史跡指定
正式名称:埼玉古墳群
指定日:昭和13年(1938)8月8日
現況 さきたま古墳公園
築造時期 6世紀前半(現地説明板)
6世紀前半から中ごろ(『シリーズ「遺跡を学ぶ」016 鉄剣銘一一五文字の謎に迫る 埼玉古墳群』)
(『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』)
関連施設 埼玉県立さきたま史跡の博物館

 

墳丘

 

※典拠は『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』

 

形状 前方後方墳 前方後円墳 方墳 円墳 その他
築成 1段 2段 3段 4段 5段
造出 あり なし
規模 全長約53m(現地説明板)
墳丘高 前方部3.3m/後円部3.4m
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし 不明

 

埋葬主体

 

 未調査のため不明

 

周溝

 

※典拠は『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形(不正長方形) 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重 不明
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物
周溝を含めた最大長

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2015年3月14日(土)
天候 曇り時々晴れ
探訪ルート 忍諏訪神社・東照宮 → 行田市郷土博物館 → 忍城 → 高源寺 → 妙音寺 → 大日塚古墳 → 丸墓山古墳 → 稲荷山古墳 → 将軍山古墳 → 将軍山古墳展示館 → 二子山古墳 → 愛宕山古墳 → 瓦塚古墳 → さきたま史跡の博物館 → 奥の山古墳 → 鉄砲山古墳 → 前玉神社および浅間塚古墳
同道者 なし

 

 

 さきたま古墳群の中で最も大きな前方後円墳である二子山古墳を見た後は、古墳群内の前方後円墳の中で最も小さい、墳丘長53mの愛宕山古墳を見ます。

 

後円部を見る

写真1 後円部を見る

 

 あれは円墳かな?

 

円墳?

写真2 円墳?

 

 愛宕山古墳を真横から眺めます。

 

真横から見る

写真3 真横から見る

 

 説明板。

 

説明板

写真4 説明板

 

 後円部を見ます。

 

写真5 後円部を見ます

 

 愛宕塚古墳は二重の周溝に囲まれているのは立派だとしても、墳丘に造り出しや張り出し部分がなく、他の前方後円墳と比べると見劣りがします。

 

 時代的には二子山古墳とほぼ同じ頃の築造なので、盟主の墓ではないでしょう。

 

 主軸は瓦塚古墳とドンピシャです。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

二子山古墳

愛宕山古墳

瓦塚古墳

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『行田市郷土博物館 見学のしおり』 行田市郷土博物館
  • 『古代を考える 東国と大和王権』 原島礼二・金井塚良一/編 1994年
  • 『ワカタケル大王とその時代 埼玉稲荷山古墳』 小川良祐・狩野久・吉村武彦/著 2003年
  • 『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』 塩野博/著 2004年
  • 『シリーズ「遺跡を学ぶ」016 鉄剣銘一一五文字の謎に迫る 埼玉古墳群』 高橋一夫/著 2005年
  • 『季刊考古学・別冊15 武蔵と相模の古墳』 広瀬和雄・池上悟/著 2007年
  • 『シリーズ「遺跡を学ぶ」073 東日本最大級の埴輪工房 生出塚埴輪窯』 高田大輔/著 2010年
  • 『古墳からみた 倭国の形成と展開』 白石太一郎/著 2013年
  • 『ガイドブック さきたま』 埼玉県立さきたま史跡の博物館/編 2015年

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。