◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

鉄砲山古墳/埼玉古墳群

現在構築中です!

 

最終更新日:2016年2月7日

 

 前回の記事はこちら

 

鉄砲山古墳諸元

 

概要

 

ふりがな てっぽうやまこふん
別名
住所 埼玉県行田市埼玉4834(さきたま史跡の博物館所在地)

交通 JR行田駅から市内循環バス「観光拠点循環コース」、埼玉古墳公園前下車、徒歩すぐ

・左回り(乗車時間約15分) 9:05発 12:50発 15:15発
・右回り(乗車時間約40分) 7:50発 10:40発 14:05発
※時刻表は2016年2月11日時点です。変更されれる場合がありますので探訪する場合は事前にご確認ください
※市内循環バス以外にもバスがありますので、埼玉県立さきたま史跡の博物館のWebサイトでご確認ください

史跡指定 国指定史跡
正式名称:埼玉古墳群
指定日:昭和13年(1938)8月8日
現況 さきたま古墳公園
築造時期 6世紀後半(現地説明板)
(『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』)
関連施設 埼玉県立さきたま史跡の博物館

 

墳丘

 

※典拠は『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』

 

形状 前方後方墳 前方後円墳 方墳 円墳 その他
築成 1段 2段 3段 4段 5段
造出 あり なし
規模 全長約109m(現地説明板)
墳丘高 前方部約10.7m(推定)
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし

 

埋葬主体

 

掘り方 竪穴式 横穴式
石室・槨 不明(前庭部はあり)
規模 不明
不明
人骨 不明
副葬品 不明
見学 可能 不可能

 

周溝

 

※典拠は『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』

 

形状 墳丘形 馬蹄形 長方形 不定形 不明 なし
構造 一重 二重 三重(一部) 不明
残存もしくは形跡 全部あり 一部あり なし
遺物 円筒埴輪
周溝を含めた最大長 m

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2015年3月14日(土)
天候 曇り時々晴れ
探訪ルート 忍諏訪神社・東照宮 → 行田市郷土博物館 → 忍城 → 高源寺 → 妙音寺 → 大日塚古墳 → 丸墓山古墳 → 稲荷山古墳 → 将軍山古墳 → 将軍山古墳展示館 → 二子山古墳 → 愛宕山古墳 → 瓦塚古墳 → さきたま史跡の博物館 → 奥の山古墳 → 鉄砲山古墳 → 前玉神社および浅間塚古墳
同道者 なし

 

 

写真1 秋元橋

 

写真1 秋元橋

 

 

 次回の記事はこちら

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 「平成27年1月25日 鉄砲山古墳発掘調査 現地説明会」 埼玉県立さきたま史跡の博物館

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

稲荷山古墳
埼玉の地に突如現れた大型前方後円墳。
稲荷山古墳の登場は、武蔵国内の最大勢力が5世紀後半に多摩川下流から埼玉の地へ移ったことを示しています。
二子山古墳
丸墓山古墳
円墳としては国内最大の古墳で、墳頂の高さは古墳群で最も高く、使用した土の量は古墳群最大の二子山古墳をしのぎます。
なぜ前方後円墳ではなく巨大な円墳なのか、サキタマとヤマトとの微妙な政治関係に歴史ロマンを感じます。
瓦塚古墳
奥の山古墳
将軍山古墳
愛宕山古墳
大日塚古墳
前玉神社および浅間塚古墳
忍諏訪神社・東照宮
忍城
忍城は戦国初期に成田氏によって築城された城で、湖の中に浮かぶ島のような縄張になっています。
天正18年の豊臣政権による小田原攻めの際にも最後まで落城を免れた難攻不落の城です。
高源寺
妙音寺
将軍山古墳展示館
さきたま史跡の博物館
行田市郷土博物館