◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

小規模だが重量感のある土塁が楽しめる城・中城

最終更新日:2015年5月17日

 

 前回の記事はこちら

 

 図らずも、埼玉県内でも最大規模の方墳といわれる、貴重な穴八幡古墳とめぐりあった後は、小川町へ来た当初の目的である中城跡を目指します。

 

 時刻は15時半。

 

 早くしないと日が暮れてしまうので、道を急ぎましょう。

 

 

探訪データ
探訪年月日 2014年12月28日(日)
天候 晴れ
探訪ルート 杉山城跡 → 嵐山史跡の博物館 → 菅谷館跡 → 穴八幡古墳 → 中城跡

 

中城跡概要
ふりがな なかじょう
別名 猿尾城
住所 埼玉県比企郡小川町大塚字中城

史跡指定 小川町指定史跡
現況 テニスコート
規模/比高 東西約200m×南北約200m/約10m
目で見られる遺構 郭・空堀・土塁・櫓台・虎口
復元 なし
存続時期 鎌倉時代から戦国期にかけてか
城主・城代・関係者 伝承では猿尾太郎種直(鎌倉時代)・斉藤六郎衛尉重範(室町時代初期)
城攻めの記録 記録・伝承ともになし
大手方向  
仮想敵方向
関連施設 特になし

 

奇跡的に破壊を免れている遺構

 

  『改訂 歩いて廻る「比企の中世・再発見」』の地図によれば、宮崎病院の北側に城跡へ続く小径が描かれているので、それらしい道へ入って行きます。

 

 あれ、でも逆に山からは遠ざかってしまう・・・

 

 どうも該書が書かれた時と現在では現況が違うようで、「みやざきクリニック」の「南側」の小径を入ってみると、城跡への入口がありました。

 

 道路からの入口はこちらなです。

 

中城跡入口

写真1 中城跡入口

 

 ここからの遠望。

 

中城跡遠望

写真2 中城跡遠望

 

 比高は10mほどで、西から東へ延びる八幡台と呼ばれる台地の先端部分にあります。

 

 上の写真の道を入って行くと、城跡への登り口に表示板があります。

 

中城跡登り口

写真3 中城跡登り口

 

 少し登ると土塁発見!

 

土塁

写真4 土塁

 

 やがて、目の前にはテニスコートが現れました。

 

 さて、ここでいつものごとく、「余湖くんのホームページ」から余湖図を引用させていただきます。

 

余湖図

写真5 余湖図

 

 中城はご覧の通り単郭の城です。

 

 大きさも約200m四方なので、非常に小ぢんまりとした城ですね。

 

 南西側の土塁の上には仙覚律師堂があり、その部分は櫓台のようになっています。

 

仙覚律師堂

写真6 仙覚律師堂

 

 その土塁の麓から北側を眺めると、土塁が続いています。

 

土塁

写真7 土塁

 

 では、土塁に登ってみましょう。

 

 土塁が少し切れて虎口状になっている部分には外側から城跡に入れるように階段が設置されています。

 

中城跡

写真8 

 

 もちろんこれは最近作られたもので、地元の人の散歩に便宜を与えています。

 

 土塁上からの眺め。

 

土塁上からの眺め

写真9 土塁上からの眺め

 

 土塁の上を歩きます。

 

土塁の上を歩く

写真10 土塁の上を歩く

 

 虎口状の部分で一旦下に降りて、虎口を中から見てみます。

 

中城跡

写真11 虎口を中から見る

 

 城跡の北口には陣屋沼と呼ばれる沼がありますが、往時からあったのかは分かりません。

 

陣屋沼

写真12 陣屋沼

 

 なんかこういう城跡を見ていると、岩手や青森で散々見た館跡を思い出して、懐かしい気持ちになります。

 

 中城跡は、『日本城郭大系』によれば、鎌倉時代には猿尾太郎種直という土豪の館で、室町時代初期には斉藤六郎衛尉重範が居城していたという伝承があるようです。

 

 猿尾(ましお)氏は、さきほどの穴八幡古墳のページでも紹介しましたが、鎌倉幕府が滅亡した時に将軍・守邦親王を匿ったとされる土豪ですね。

 

 しかし、上記の時代にすでに館があったとしても、余湖図で見ていただいても分かる通り、防御線に「折り」を導入していることから、現在の形は戦国時代に造られた物だと考えられます。

 

土塁の折り

写真13 土塁の折り

 

 事実、『改訂 歩いて廻る「比企の中世・再発見」』によれば、発掘調査の結果から15世紀後半の築城と考えられるそうで、「太田道灌状」に記載されている「上田上野介在郷の地小河」に関連する城跡だといわれています。

 

 上田氏の居城としては、吉見町の松山城が有名ですが、かなりの広範囲を治める国衆でした。

 

 当初は扇谷上杉氏についていましたが、後北条氏が北進するにあたり、後北条氏の傘下に入りました。

 

中城跡

写真14 

 

 時刻はもう16時だというのに、まだ楽しんでいます。

 

テニス

写真15 テニス

 

 それでは私はそろそろ帰りましょうか。

 

中城サヨナラ

写真16 中城サヨナラ

 

 中城跡を出て小川町駅へ向かって歩いていると、困ったことに酒屋さんを見つけてしまいました。

 

武蔵鶴蔵元

写真17 武蔵鶴蔵元

 

 あー、見つけてしまったからには中に入らないと・・・

 

 このお店は「武蔵鶴」という地酒の蔵元だそうです。

 

 店に入ってケースの中を眺めていると、お店のご主人が「限定の美味しいお酒がありますよ」と話しかけてきました。

 

 そのお酒は年末に売り出すお酒で、伊勢神宮の神田で取れたお米が小川町へやってきて、そのお米で醸造したお酒だそうです。

 

 値段を見ると、4合瓶(720ml)で2800円!

 

中城跡

写真18 

 

 「ちょっと味見してみますか?」と聴かれたので、「買えないけどいいですか?」と言って、少し試飲させていただきました。

 

 私は日本酒について理屈を語ることができないので、論理的に表現することはできませんので、ただ一言、「飲んだことのない味」、そして「旨い・・・」。

 

 これじゃこれを読んでいる人に伝わらないって!

 

 欲しいですが買えません。

 

 なので、割安な濁り酒の300mlの瓶を買うと、お礼を言ってお店を出ました。

 

 しかし旨い酒だったので、来年はお金を準備しておいて買いに来ようかなと思いました。

 

夕刻の小川町駅

写真19 夕刻の小川町駅

 

 さて、そんなわけで、今日の収穫はこんな感じです。

 

中城跡

写真20 本日の収穫

 

 これじゃ、リュックが重いって!

 

【参考資料】

  • 『日本城郭大系5 埼玉・東京』 柳田敏司ほか/著 1979年
  • 『改訂 歩いて廻る「比企の中世・再発見」』 嵐山史跡の博物館/編 2014年
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

穴八幡古墳
腰越城