◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

湯島天神

最終更新日:2016年12月21日

 

湯島天神概要

 

ふりがな ゆしまてんじん
正式名称 湯島天満宮
住所 東京都文京区湯島3-30-1

祭神
  • 天之手力雄命(あめのたぢからおのみこと)
  • 菅原道真公(すがわらみちざねこう)
境内神社
  • 戸隠神社
  • 笹塚稲荷神社
創建 雄略天皇2年(458)
創建者 雄略天皇
史跡・文化財指定
公式サイト http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年9月29日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 三崎稲荷神社 → 太田姫稲荷神社 → 真徳稲荷神社 → 柳森神社 → 神田明神 → 妻恋神社 → 湯島天神 → 本郷城 → 境稲荷神社 → 五條天神社 → 摺鉢山古墳 → 下谷神社
同道者 なし

 

 

 妻恋神社の次は、さらに北上し、湯島天神(湯島天満宮)を目指します。

 

 市街地を歩いていると前方に木々が見えます。

 

 あそこに違いありません。

 

 だいたい、市街地の中に木々が見えると神社か公園か並木ですが、近づくとやはり湯島天神でした。

 

湯島天神鳥居

写真1 湯島天神鳥居

 

 鳥居をくぐると拝殿が見えます。

 

湯島天神拝殿

写真2 湯島天神拝殿

 

 湯島天神の創建は、伝承では雄略天皇2年(458)、天皇の勅命によりタヂカラオを祀ったのが始まりだといいます。

 

 その後、正平10年(1355)、住民が菅原道真を祀りました。

 

 それから文明10年(1478)には太田道灌が再建をしています。

 

湯島天神拝殿

写真3 湯島天神拝殿

 

 菅公を祀っていることから、現在では湯島天神は「学問の神様」として有名です。

 

湯島天神本殿覆屋

写真4 湯島天神本殿覆屋

 

 この日も、大学受験を控えている子供たちだと思うのですが、若い男女がたくさん参拝に来ていて、お守りなどを求めていました。

 

 思えば二十数年前、私の父も私が高校を受験する時に湯島天神の鉛筆を買ってきてくれました。

 

 その鉛筆が結構書きやすくて気に入ったので、ご利益とかそういうことは考えていなかったのですが、その鉛筆を使って勉強をしたところ、湯島天神の神威のお陰で私は無事に高校に合格することができました。

 

 湯島天神は本当にご利益がありますよ!

 

 なお、湯島天神には境内社として、笹塚稲荷神社と戸隠神社があります。

 

戸隠神社

写真5 戸隠神社と笹塚稲荷神社

 

 向かって左が笹塚稲荷神社で右が戸隠神社です。

 

戸隠神社と笹塚稲荷神社

写真6 戸隠神社

 

 それにしても、稲荷神社はどこに行っても姿を現しますね。

 

 しかし、すべてが京都の伏見稲荷からの勧請とは限らないそうです(湯島天神はどうか分かりません)。

 

 次は学問つながりで、我が国の最高学府にある本郷城跡を探訪してみます。

 

湯島天神鳥居

写真7 湯島天神鳥居

 

<< 戻る

現在地

進む >>

妻恋神社

湯島天神

本郷城

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

妻恋神社
本郷城