◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

常盤稲荷神社

最終更新日:2016年12月21日

 

常盤稲荷神社概要

 

ふりがな ときわいなりじんじゃ
別名
住所 東京都中央区日本橋本町1-8-11

創建 長禄元年(1457)
創建者 太田道灌
史跡・文化財指定
祭神 倉稲魂命(くらいなたまのみこと)
相殿 罔象女神(みずはのめのかみ)
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年8月29日(月)
天候 晴れ
探訪ルート 将門塚 → 江戸城常盤橋門 → 常盤稲荷神社 → 椙森神社 → 鎧橋 → 兜神社 → 鐵砲洲稲荷神社
同道者 なし

 

 図らずも近世江戸城の遺構である江戸城常盤橋門に出会った後は、江戸城跡の外堀に架かる常盤橋を渡って中央区に侵入です。

 

小さいけど道灌創建伝承を持つ神社

 

 左手には三越本店があります。

 

 三越が何か意味があるのですか?

 

 いえ、特に意味は無いです。

 

 次は常盤稲荷神社に参拝しようと思っているのですが、常盤稲荷神社は手元の道路地図に載っていません。

 

 でも、猫のあしあとという大変便利なサイトがあって、そこに住所が載っています。

 

 というか、もともと常盤稲荷神社はそのサイトで見つけて探訪しようと思ったのですが!

 

 住所を頼りに街の中をうろついていると、赤い鳥居が目につきました。

 

 行ってみると、常盤稲荷神社でした。

 

常盤稲荷神社

写真1 常盤稲荷神社

 

 よし、見つけた!

 

 小さな神社ですが、きちんと由緒書(説明板)が設置されています。

 

 それによると、常盤稲荷神社は、長禄元年(1457)に太田道灌が江戸城を築城する際に、京都伏見稲荷大神の分霊を常盤稲荷と名付けて江戸城の守護神として創建した神社です。

 

 そのときは別の場所にあって、徳川家康が江戸城を大改築したあと、現在地の近辺に移され、最終的に現在地に落ち着いたようです。

 

 東京の歴史を調べていると、太田道灌の名前が結構出てきます。

 

 江戸城を築城した太田道灌は、扇谷上杉家の武将で、扇谷上杉家の家宰(筆頭家老的地位)を務めました。

 

 父の道真とともに築城の名手としても知られ、江戸城のほかに、河越城や岩付城を築城したとの言い伝えがあります(ただし、最近では岩付城は道灌ではないというのが通説になっています)。

 

 道灌が江戸城を築城した際に、この常盤稲荷以外にもいくつか神社を勧請していますので、それらは追々探訪してみることにします。

 

 江戸というと徳川家康というイメージがあるかもしれませんが、江戸のルーツは太田道灌にさかのぼることができます(でも、道灌よりも前には江戸氏がいて、江戸氏の前には・・・)。

 

 そういう古代・中世の東京をこれからも探って行きます。

 

 常盤稲荷神社の次は椙森神社を目指します。

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

江戸城常盤橋門

常盤稲荷神社

椙森神社

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。