◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

分倍河原の合戦で討死した3000人を葬ったというのは事実か?三千人塚

最終更新日:2016年9月9日

 

三千人塚概要
ふりがな さんぜんにんづか
住所 東京都府中市矢崎1丁目

史跡指定
東京都指定史跡
史跡名:三千人塚
指定年月日:平成17年(2005)2月22日

 

探訪データ
探訪年月日 2012年3月30日(金)
天候 曇り
探訪ルート 【2月28日】 馬場大門のケヤキ並木 → 多磨寺跡 → 大國魂神社
【3月7日】 武蔵国府八幡宮 → 武蔵国府跡 → ふるさと府中歴史館 → 称名寺
【3月30日】 高安寺 → 国鉄下河原線廃線跡 → 坪の宮 → 三千人塚 → 分倍河原古戦場跡 → 高倉塚古墳 → 天王塚古墳 → 首塚 → 高倉20号墳 → 延文之板碑出土之地 → 御嶽塚 → 武蔵府中熊野神社古墳 → 武蔵府中熊野神社古墳展示館

 

凄い板碑に触れられる

 

 坪の宮で古代の武蔵に思いを馳せた後は、一気に鎌倉幕府の滅亡までタイムスリップしますよ!

 

 下河原緑道を南下し、途中の分岐点で左手に入り、少し進み「保育所前」交差点に出ると、また府中市の標柱がありました。

 

 ここを南北に通っている道を 「芝間道(しばまみち)」と呼ぶそうです。

 

芝間道

写真1 芝間道

 

 芝間という地名は『新編武蔵風土記稿 巻之九十二 多摩郡之四 本町』に、本町の小名として見えます。

 

 私は訪れたことがありませんが、地図を見ると芝間稲荷神社があります。

 

 芝間道を南下してすぐ、前方に塚らしきものが見えてきました。

 

  「三千人塚」です。

 

三千人塚

写真2 三千人塚

 

 この塚には、元弘3年(1333)の分倍河原の合戦で討死した3000人の遺骸を葬ったという伝承が昔からあったのですが、昭和30年に地元の郷土史家が掘ってみると、鎌倉時代から南北朝時代にかけての蔵骨器4個が出土したそうです。

 

 しかしよく掘る勇気がありましたね。

 

 大抵の場合、こういった塚を掘ると呪われると思われているのです。

 

 それはそうと、平成17年(2005)の調査によって、塚自体は江戸時代に造られたとものだと分かりました。

 

 まあ、もし3000人もの遺骨を埋めたとすると、大きさも相当バカでかくなると思うので、やはり昔から皆、「3000人は無いだろう」と思っていたと思います。

 

 しかし、なぜ「三千人塚」という伝承ができたのか。

 

 そのへんの民俗学的なところに興味があります。

 

 塚の上に生えている木は、「府中の名木百選」に選ばれている「三千人塚のエノキ」で、樹高は13.5メートルあります。

 

 さらに、塚の上には、多摩地域で最古の康元元年(1256)の板碑が立っています。

 

康元元年(1256)の板碑

写真3 康元元年(1256)の板碑

 

 板碑はこのままの状態では読めませんね。

 

 それでは次は、西に向かい分倍河原の古戦場跡に行ってみましょう。

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『新編武蔵風土記稿』「巻之九十二 多摩郡之四 府中領 本町」 昌平坂学問所/編 1830年
    ↑クリックすると「国立国会図書館デジタルコレクション」の当該ページへリンクします
  • 『武蔵名勝図会』 植田孟縉/著・片山迪夫/校訂 慶友社 1967年(原著は文政3年<1820>)
  • 『武蔵野歴史地理 第四冊』 高橋源一郎/著 有峰書店 1972年(原著は昭和3年<1928>)

 

<< 戻る

現在地

進む >>

坪の宮

三千人塚

分倍河原古戦場跡

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡>
武蔵台東遺跡は、原始・古代・中世・近世の複合遺跡で、縄文時代中期の柄鏡形敷石住居跡が移築保存されています。
その頃は10軒の住居が環状に建ち並ぶムラだったとされていますが、それは本当に事実でしょうか?
高倉塚古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
天王塚古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
首塚
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
高倉20号墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
御嶽塚
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
武蔵府中熊野神社古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
大國魂神社
多摩地域内で最古の部類に入る古社・大國魂神社は、武蔵国の総社という地位にあった歴史を持ち、現在でも多摩の代表的神社として多くの人びとから信仰されています。
坪の宮
大化改新(645年)以前に无邪志(むさし)の国造(くにのみやつこ)を務めていた兄多毛比命(えたもひのみこと)を祀る古社。
現在は大國魂神社の摂社となっているこの神社は、武蔵国の古代史解明の鍵を握っているのです。
多磨寺跡
古代の郡には郡の有力者が建立した郡寺がありました。
多磨郡にあった郡寺はいったいどのような寺だったのでしょうか。
武蔵国府跡
古代武蔵国の国府は現在の東京都府中市にあり、広大な面積が国史跡の指定範囲です。
かつては謎とされていた場所も現在ではほぼ範囲が明確になっています。
武蔵国司館跡および徳川家康御殿跡
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
源経基館および称名寺
府中駅南口の時宗称名寺は鎌倉時代の創建と伝えられますが、平将門の乱の際の武蔵介・源経基の館跡との伝承があります。
武蔵国分寺参道口
武蔵国府八幡宮
全国の国府には国府八幡宮が付随していました。
もちろん武蔵国にもあったのですが、実は国府八幡宮という神社自体謎に包まれているのです。
馬場大門のケヤキ並木
都内には意外と多くの源頼義・義家父子の伝承が残っています。
府中にも彼らの伝承を見つけることができます。
分倍河原古戦場跡
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
延文之板碑出土之地
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
高安寺および高安寺塁
足利尊氏が開基した高安寺は、代々の鎌倉公方が合戦に臨む際の本陣となりました。
果たして現在の高安寺に城塞の面影は残っているでしょうか。
国鉄下河原線廃線跡
多摩地域にもいく筋か廃線跡が残っていますが、府中市内にもかつて活躍した鉄道の線路跡が残っています。
廃線になった後もその線路跡が分かるように整備するのは鉄道に携わった人たちへの感謝の一つの表れでしょう。
武蔵府中熊野神社古墳展示館
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
ふるさと府中歴史館
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
府中市郷土の森博物館
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。