天王塚古墳/高倉古墳群および八雲神社

最終更新日:2017年12月31日

 

天王塚古墳概要

 

ふりがな てんのうづかこふん
住所 東京都府中市分梅町1-18-5

交通 京王線分倍河原駅下車、徒歩約10分
史跡指定 なし
現況 八雲神社境内
築造時期 6世紀後半
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後円墳 前方後方墳 帆立貝式古墳 円墳? 方墳 上円下方墳 双方中円墳 八角墳
築成 1段 2段 3段 4段 5段 不明
造出 あり なし 不明
規模 径15m (『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』)
墳丘高 2m (『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』)
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし 不明

 

埋葬主体

 

不明

 

周溝

 

あり

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2012年3月30日(金)
天候 曇り
探訪ルート 高安寺 → 国鉄下河原線廃線跡 → 坪の宮 → 三千人塚 → 分倍河原古戦場跡 → 高倉塚古墳 → 天王塚古墳および八雲神社 → 浅間神社(美好町3-42) → 首塚 → 高倉20号墳 → 延文之板碑出土之地 → 御嶽塚 → 武蔵府中熊野神社古墳 → 武蔵府中熊野神社古墳展示館
同道者 なし

 

 

 実は高倉古墳群の二つ目の古墳は、八雲神社の社殿のうしろにあることをあらかじめ知っています。

 

 なので、発見は簡単でしょう。

 

 

 

 八雲神社の祭神は、牛頭天皇(ごずてんのう)と素盞鳴尊(スサノオ)で合祀されているということですが、牛頭天皇とスサノオは同一人物であるという説が専らです。

 

 

 700年前ころには、すでに神社はあったといわれています。

 

 

 さて、お目当ての古墳ですが、あらかじめ調べていた通り、社殿の後ろにありました。

 

 

 これが高倉古墳群の二つ目の古墳です。

 

 残るは二つ、さあ、探しましょう。

 

【参考資料】

  • 『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』 多摩地区所在古墳確認調査団/編 1995年
  • 現地説明板

 

<< 戻る

現在地

進む >>

高倉塚古墳

天王塚古墳および八雲神社

浅間神社(美好町3-42)

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。