首塚/高倉古墳群

最終更新日:2017年12月31日

 

首塚概要

 

ふりがな くびづか
住所 東京都府中市美好町3-30

交通 京王線分倍河原駅下車、徒歩約10分
史跡指定 なし
現況 稲荷祠
築造時期 不明
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後円墳 前方後方墳 帆立貝式古墳 円墳 方墳 上円下方墳 双方中円墳 八角墳
築成 1段 2段 3段 4段 5段 不明
造出 あり なし 不明
規模 径10m (『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』)
墳丘高 約2m (『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』)
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし 不明

 

埋葬主体

 

木棺直葬? (『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』)

 

周溝

 

不明

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2012年3月30日(金)
天候 曇り
探訪ルート 高安寺 → 国鉄下河原線廃線跡 → 坪の宮 → 三千人塚 → 分倍河原古戦場跡 → 高倉塚古墳 → 天王塚古墳および八雲神社 → 浅間神社(美好町3-42) → 首塚 → 高倉20号墳 → 延文之板碑出土之地 → 御嶽塚 → 武蔵府中熊野神社古墳 → 武蔵府中熊野神社古墳展示館
同道者 なし

 

 

 浅間神社の交差点のひとつ先(北側)のT字路を右折し、住宅街の中を歩いていると、小さいですが古墳らしき土盛を発見しました。

 

 

 お稲荷さんがあって、何かいわくありげな感じなので、おそらくこれが三つめの古墳でしょう。

 

 この後訪ねた武蔵府中熊野神社古墳展示館にて、この塚が首塚と呼ばれる古墳だと言うことを教えていただきました。

 

 ただ、名前の由来に関しては分からないそうです。

 

【参考資料】

  • 『多摩地区所在古墳 確認調査報告書』 多摩地区所在古墳確認調査団/編 1995年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

浅間神社(美好町3-42)

首塚

高倉20号墳

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。