◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

武蔵府中熊野神社古墳展示館

最終更新日:2015年5月15日

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2012年3月30日(金)
天候 曇り
探訪ルート 高安寺 → 国鉄下河原線廃線跡 → 坪の宮 → 三千人塚 → 分倍河原古戦場跡 → 高倉塚古墳 → 天王塚古墳および八雲神社 → 浅間神社(美好町3-42) → 首塚 → 高倉20号墳 → 延文之板碑出土之地 → 御嶽塚 → 武蔵府中熊野神社古墳 → 武蔵府中熊野神社古墳展示館
同道者 なし

 

 

 こんな立派な施設を建てるとは、さすが府中市です(いや、国史跡なので国も関与しているのかな?)。

 

 

 中は施設名のとおり、武蔵府中熊野神社古墳に関する展示があるのですが、ここの目玉は、施設の敷地内に別棟である、復元された石室です。

 

 そこに係りの方の案内で、ヘルメットを被り、入れさせてもらいました。

 

 入口は結構狭い。

 

 頭をぶつける人が多いとのことです。

 

 発掘時、石室は一部が崩落していたとのことで、崩落個所が分かるように、石の色を変えて復元してあります。

 

 石室は羨道を通って入ると、前室、後室、そして棺を納める玄室という3室構造になっており、全長は8.7メートルです。

 

 石室の壁面の石は、「切石切組積」といって石の角をL字型に切って、それをうまく組み合わせて組み立てられており、飛鳥時代の古墳の石室の特徴であります。

 

 玄室は高さが3メートルあって、我々大人二人が入っても十分広く感じます。

 

 発掘時、石室内はすでに盗掘されていて、ほとんど何も残っていなかったのですが、七曜紋が銀象眼された鞘尻金具(太刀の鞘の先端部分の金具)が見つかっています(展示館に複製品が展示しており、展示館のシンボルマークにもなっています)。

 

 明治17年(1884)発行の『武蔵野叢誌』によると、二個の人骨と落ち武者の甲冑のようなものがあったと記されています。

 

 武蔵府中熊野神社古墳展示館に来たら、是非こちらの復元石室も見学することをお勧めします。

 

 

 ところで、係りの方から聞いたのですが、本日の探訪で高倉古墳群の四つ目とした古墳は、高倉20号古墳という名称で、三つめ(お稲荷さんがあったところ)は「首塚」と呼ばれていることが分かりました。

 

 首塚!

 

 何かいわれがあると思いますが、残念ながら係りの方も由緒は知らないということです。

 

 ただ、昔はあのあたり一帯は畑で、その中で塚がかなり目立っていたとのことです。

 

 係りの方からは、古墳に関することから、府中の郷土史まで色々な楽しい話しをお伺いすることができました。

 

 気づいたら、1時間以上立ち話をしていました。

 

 ところで、武蔵府中熊野神社古墳の築造時期は、7世紀中ごろと考えられています。

 

 その頃の日本の歴史の大事件といったら、645年の大化改新ですね。

 

 専制的な蘇我氏の政権を中大兄皇子(なかのおおえのみこ)や中臣鎌子連(なかとみのかまこむらじ。鎌足)らが打倒し、そのあとに一連の新たな政策が続きました。

 

 その中で東国に国司を派遣したというのがあります。

 

 国司といってもその後の律令国家建設で現れる国司とは違って、ある一定の地域を順繰りめぐって中央の政策を伝えていた、律令国家の国司の前身である「宰(みこともち)」と考えられており、それがここ多摩地域にも来た可能性があります。

 

 武蔵府中熊野神社古墳の被葬者は、ちょうどそのころ葬られたというわけです。

 

 7世紀中ごろにはすでに全国的には前方後円墳の築造が終わっているのですが、これだけの大きな古墳を築くことができた、多摩の有力者とはどんな人物だったのか。

 

 そしてなぜ、円墳や方墳でなく、上円下方墳なのか。

 

 まさしく、ロマン、ロマンであります。

 

 それから約半世紀後の8世紀初頭には、全国を「国」という行政区画に区切ったことが本格的に制度化されて、国に中央から国司(地方行政の幹部)が派遣されてきます。

 

 なお、その国司のトップである「守(かみ)」ですが、武蔵守の初見は大宝3年(703)の、引田臣朝臣祖父(ひけたのおみあそんおおじ)です。

 

 武蔵府中熊野神社古墳は、国造(くにのみやつこ)による地方行政が終わり、国司に移り変わるという、時代の変革期に築造されたことになります。

 

 それにしても、繰り返しますが、7世紀中ごろにこれだけ立派な上円下方墳を築くことができた、多摩の有力者とはいったいどんな人物だったのか、本当に興味が尽きないです。

 

 さて、時刻は13時すぎ。

 

 本日もとても楽しい歴史探訪でした。

 

 ここ何回かでご紹介した通り、府中市内には歴史スポットがたくさんありますし、まだ訪れていないところもあるので、また探訪してみたいと思います。

 

【参考資料】

  • 現地説明板

 

<< 戻る

現在地

進む >>

武蔵府中熊野神社古墳

武蔵府中熊野神社古墳展示館

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

原始遺跡 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡>
武蔵台東遺跡は、原始・古代・中世・近世の複合遺跡で、縄文時代中期の柄鏡形敷石住居跡が移築保存されています。
その頃は10軒の住居が環状に建ち並ぶムラだったとされていますが、それは本当に事実でしょうか?
古墳 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
高倉塚古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
天王塚古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
首塚
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
高倉20号墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
御嶽塚
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
武蔵府中熊野神社古墳
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
神社 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
大國魂神社
多摩地域内で最古の部類に入る古社・大國魂神社は、武蔵国の総社という地位にあった歴史を持ち、現在でも多摩の代表的神社として多くの人びとから信仰されています。
坪の宮
大化改新(645年)以前に无邪志(むさし)の国造(くにのみやつこ)を務めていた兄多毛比命(えたもひのみこと)を祀る古社。
現在は大國魂神社の摂社となっているこの神社は、武蔵国の古代史解明の鍵を握っているのです。
武蔵国府八幡宮
全国の国府には国府八幡宮が付随していました。
もちろん武蔵国にもあったのですが、実は国府八幡宮という神社自体謎に包まれているのです。
日新稲荷神社
八雲神社
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
日枝神社
浅間神社(美好町3-42)
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
浅間神社(美好町3-56)
寺院 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
多磨寺跡
古代の郡には郡の有力者が建立した郡寺がありました。
多磨郡にあった郡寺はいったいどのような寺だったのでしょうか。
弥勒寺跡および延文之板碑出土之地
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
高安寺
足利尊氏が開基した高安寺は、代々の鎌倉公方が合戦に臨む際の本陣となりました。
果たして現在の高安寺に城塞の面影は残っているでしょうか。
称名寺
府中駅南口の時宗称名寺は鎌倉時代の創建と伝えられますが、平将門の乱の際の武蔵介・源経基の館跡との伝承があります。
官衙 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
武蔵国府跡
古代武蔵国の国府は現在の東京都府中市にあり、広大な面積が国史跡の指定範囲です。
かつては謎とされていた場所も現在ではほぼ範囲が明確になっています。
武蔵国司館跡
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
城館 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
源経基館
府中駅南口の時宗称名寺は鎌倉時代の創建と伝えられますが、平将門の乱の際の武蔵介・源経基の館跡との伝承があります。
高安寺塁
足利尊氏が開基した高安寺は、代々の鎌倉公方が合戦に臨む際の本陣となりました。
果たして現在の高安寺に城塞の面影は残っているでしょうか。
徳川家康御殿跡
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
塚 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
三千人塚
有名な分倍河原合戦で討死した3000人の武士たちを葬ったとされる三千人塚。
果たして塚の中には3000もの人びとが眠っているのでしょうか。
本宿一里塚
道 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
武蔵国分寺参道口
馬場大門のケヤキ並木
都内には意外と多くの源頼義・義家父子の伝承が残っています。
府中にも彼らの伝承を見つけることができます。
分倍河原古戦場跡
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
鉄道遺跡 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
国鉄下河原線廃線跡
多摩地域にもいく筋か廃線跡が残っていますが、府中市内にもかつて活躍した鉄道の線路跡が残っています。
廃線になった後もその線路跡が分かるように整備するのは鉄道に携わった人たちへの感謝の一つの表れでしょう。
自然 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
西府町湧水
博物館・資料館 >>
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
ふるさと府中歴史館
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。
府中市郷土の森博物館
東京都の大部分は昔の武蔵国に含まれ、その中心は7世紀から15世紀までは現在の府中市でした。
ここではそんな府中の歴史をルポルタージュでご紹介します。