八王子発展の礎を築いた代官頭大久保長安の役場・大久保石見守長安陣屋跡

最終更新日:2015年10月24日

 

前回の記事はこちら

 

 横山党根拠地と伝わる八幡八雲神社を参拝すると、だんだん気分が乗ってきました。

 

 なので、もう少し市街地を歩いてみます。

 

 

探訪データ
探訪年月日 2009年11月10日(火)
天候 曇り
探訪ルート 八幡八雲神社 → 横山党根拠地および横山神社 → 大久保石見守長安陣屋跡 → 信松院および松姫尼公墓 → 八王子市郷土資料館

 

大久保石見守長安陣屋跡
ふりがな おおくぼいわみのかみながやすじんやあと
別名 石見屋敷
住所 東京都八王子市小門町

史跡指定 八王子市指定史跡
現況 産千代稲荷神社

 

小さな社殿に往時を偲ぶ

 

 八幡八雲神社がある場所は江戸期には元横山村と呼ばれた場所で、南側にある国道20号線沿いには八王子十五宿の一つ、横山宿が広がっていました。

 

 そこを西に進むと、八日市宿、八幡宿と続き、八幡宿の南には小門宿があり、その中に代官頭大久保長安の陣屋がありました。

 

 市街地のとくに特徴が無い交差点から遠くを眺めると神社らしきものが見えます。

 

 あそこでしょう。

 

産千代稲荷神社

写真1 産千代稲荷神社

 

 産千代稲荷神社です。

 

 神社の入り口の脇にはでかい石柱が立っています。

 

標柱

写真2 標柱

 

 長安の陣屋はこの神社の周辺にありました。

 

 境内はそれほど広くありません。

 

社殿

写真3 社殿

 

 『新編武蔵風土記稿』によると、陣屋には北・南・西の三方に土手があり、同書が編さんされる直前に三方の土手はすべて切り崩され、わずかに社殿のところに2間四方だけ残っていたようです。

 

 ただ、神社の部分は盛り土をして作ったようで、周囲より僅かながら高くなっているのが認められます。

 

 次は郷土資料館に行きたいですが、その前に信松院に寄ってみることにします。

 

【参考資料】

 

 

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。