◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

八王子の郷土史を調べる上での拠点施設・八王子市郷土資料館

最終更新日:2016年1月31日

 

 今年(2009年)は八王子市民になって8年目なんですが、実は一度も郷土資料館に行ったことがありません。

 

 今まではあまり八王子の歴史に興味が無かったのがその理由ですが、ようやく興味が出てきたことに加え、古墳も気になる存在になりつつあったところ、特別展として「多摩の古墳」が開催されているのを知ったので、ようやく今日初めて探訪することにしたのです。

 

八王子市郷土資料館諸元

 

ふりがな はちおうじしきょうどしりょうかん
住所 東京都八王子市上野町33

公式Webサイト http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/rekishibunkazai/kyodoshiryokan/index.html
※独立ドメインではなく八王子市のホームページ内にある
無料配布物 「八王子市郷土資料館だより」を年に2回(1月と7月)配布。バックナンバーの一部がPDF化されておりこちらから閲覧できる

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2009年11月10日(火)
天候 曇り
探訪ルート 八幡八雲神社 → 横山党根拠地および横山神社 → 大久保石見守長安陣屋跡 → 信松院および松姫尼公墓 → 八王子市郷土資料館

 

あの土偶と対面

 

 郷土資料館は市民会館の向かいにあります。

 

八王子市郷土資料館

写真1 八王子市郷土資料館

 

 市民会館はこの後、八王子駅南口のサザンスカイタワーに移転しました。

 

 また、郷土資料館も別の場所に移転する予定になっています。

 

 早速、特別展「多摩の古墳」の部屋に入ります。

 

 平日のアンニュイな午後のせいか、他に客はいないので、誰にも邪魔されずゆっくり見れていいですね。

 

 全国にある古墳は15万とも20万とも言われていますが、意外なことに多摩地域には古墳は少ない。

 

 その少ない古墳の中から厳選して展示をしています。

 

 この頃はようやく古墳に興味を持ち始めた時期で、多摩地域の古墳についてほとんど知識が無かったので上記のようなことを言っていますが、多摩地域にもたくさん古墳があります。

 

 ただし、100m級とかの大型古墳は一基もありません。

 

 ずっと前から気になっていて、まだ見れていない北大谷古墳に関する展示や、一昨日行った、船田古墳に関する展示もあって、出土した土師器が展示してあります。

 

 いいねえ。

 

 じっくり時間をかけて見た後は、常設展の部屋に行ってみます。

 

 こちらは、旧石器時代から時代順に色々な展示があります。

 

 床には、府中市の武蔵府中熊野神社古墳の石室の実物大の絵が貼ってあって、結構広いですね。

 

 武蔵府中熊野神社古墳の横にある展示館には、別棟として復元された石室があり、希望者は見学することができるので是非行ってみてください。

 

 先日行った椚田遺跡出土の土器も飾ってあります。

 

 縄文土器のデザインって本当に素晴らしいよね。

 

 お、土偶だ。

 

 土偶って良いんだよねえ・・・

 

 あ、これはあの土偶だ!

 

 私が狂喜したのは、『多摩の歴史遺産を歩く』という本の表紙に載っていて、とてもかわいいと思っていた、楢原遺跡出土の土偶の「モノホン」があったからです。

 

楢原遺跡出土の土鈴

写真2 楢原遺跡出土の土鈴

 

 ひゃっほー!!

 

 この土偶は、中が空洞で玉が入っていて、鈴の役割をしていたと考えられているそうです。

 

 私は古墳時代の埴輪も好きですが、縄文時代の土偶も好きなのです。

 

 この時点で、この土偶を作った縄文のアーティストと私は時空を超えて繋がった・・・

 

 嬉しい瞬間です。

 

 土鈴は「どれい」とも「どりん」とも読むみたいですが、私は勝手に「どりんちゃん」という名前を付けています。

 

 この探訪の後、たまに郷土資料館に行くのですが、結構人気キャラなので、他の博物館に出張に行っていていない日もいますよ。

 

 八王子市郷土資料館がリニューアルした折りには、ぜひこの「どりんちゃん」をゆるキャラにして欲しいと思っています。

 

 ちなみに、多摩センター駅近くにある東京都立埋蔵文化財調査センターでは、この土鈴の音が聞ける装置が設置してありますよ。

 

 さて、一通り見た後、入口に居た資料館の方に、一昨日見た船田石器時代遺跡のことを聴いてみます。

 

 そうしたら、資料があるからということで、事務所に入れてくれました。

 

 こちらの事務所の一角は図書の閲覧コーナーになっていて、誰でも自由に蔵書の閲覧ができます。

 

 もちろんコピー機も置いてあって素晴らしいですね。

 

 30分くらいお邪魔して読書してしまった。

 

 船田古墳に関する資料を読んだので、そのうちアップしようと思います。

 

 他にも面白そうな本が沢山あるので、八王子の歴史のことを調べたかったらここに来るのがいいでしょうね。

 

 ちなみに『特別展 多摩の古墳』という冊子が300円で売っているので必ずゲットしましょう。

 

 カラー写真をふんだんに使った本でかなりお得な本です。

 

 というわけで、これにて本日の史跡巡りは終了です。

 

 久しぶりに歩いたので疲れたなあ。

 

 ビールが旨いだろう。

 

【参考資料】

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

<八王子の歴史概説>
東京都八王子市は戦国期には府中市に代わり多摩地域の中心地となりました。
城跡を始めとして史跡が豊富にある八王子市の歴史スポットを踏査して報告します。
椚田遺跡
椚田遺跡は国史跡に指定され、現在の椚田遺跡公園の地下には遺跡が保存されています。
公園には3軒の竪穴式住居跡が特殊コーティングを施されて残されており、往時の住居の様子を目視で観察できます。
船田石器時代遺跡
縄文時代の敷石住居跡がまだ珍しかった戦前に国史跡に指定されました。
戦後になってからは船田遺跡の一部となり、周辺には縄文時代から平安時代までの古代全般に渡る複合遺跡が展開しています。
北野天満および北野石器時代住居跡
船田古墳
八王子市内には多くの古墳がありますが、船田古墳は現在の長房町付近を支配した有力者の墓です。
市内でも珍しい、河原石を用いた片袖の胴張り石室を持っていた古墳としても注目されます。
八幡八雲神社
古代末期の武士登場とともに発生した武蔵七党の一つに横山党があります。
現在の市内元横山町2丁目の八幡八雲神社がその根拠地であったと伝えられていますが、果たしてそれは真実でしょうか。
横山党根拠地および横山神社
古代末期の武士登場とともに発生した武蔵七党の一つに横山党があります。
現在の市内元横山町2丁目の八幡八雲神社がその根拠地であったと伝えられていますが、果たしてそれは真実でしょうか。
浅川熊野社
鎌倉景政館および御霊神社
北条氏照の重臣・近藤出羽守はなぜ鎌倉景政を祀る御霊神社をこの地に勧請したのでしょうか。
御霊神社の勧請は外来者であった出羽守が在地の有力者を懐柔するために必要な施策だったのかもしれません。
梶原館および梶原八幡
初沢城および高尾天神社
浄福寺城
八王子市内にはたくさんの城跡があります。そのうちの下恩方にある浄福寺城跡を探訪した時のルポルタージュを公開します。
滝山城
片倉城
子安台遺跡
出羽山
現在の出羽山公園では中世の居館跡が見つかっています。
伝承では北条氏照の右腕・近藤出羽守の居館とされていますが、それは果たして正しいでしょうか。
近藤出羽守屋敷および浄泉寺
近藤出羽守が開基したと伝わる浄泉寺には土塁の跡のようなものが残り、出羽守の屋敷があったと伝わっています。
果たしてその伝承は真実を伝えたものでしょうか。
廿里砦および廿里古戦場
金比羅砦および浅川金刀比羅宮
八王子城
八王子城跡ガイダンス施設
宗関寺
北条氏照墓
左入城
大久保長安陣屋
近世八王子の町づくりを推し進めた代官大久保長安の陣屋跡です。
長安は一般的にああまり良いイメージを持たれていないようですが、八王子市民にとっては町の発展の礎を築いた恩人なのです。
小野路道
旧鎌倉街道
旧甲州街道
新町竹の鼻一里塚跡
市守神社
石平道人(鈴木正三)墓
石平道人は俗名を鈴木正三と言い元々は勇猛な武将でしたが42歳で遁世、禅僧として第二の人生を歩みます。
ところが、経済に関しても進歩的な発想の持ち主で、近年ではそれを再評価する動きが見られているようです。
信松院および松姫尼公墓
刀匠武蔵太郎安國鍛刀之地
來光寺跡
廣園寺
大巻観音堂
梅元庵神社
大義寺
妙薬寺
大谷弁財天
田町遊郭跡
帝京大学総合博物館