◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

目で見ることができる古代官道・東山道武蔵路

最終更新日:2016年6月15日

 

現在構築中!

 

東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区)

 

ふりがな とうさんどうむさしみち(きゅうだいよんしょうがっこうあとちく)
住所 国分寺市西元町2丁目

史跡・文化財指定
名称:武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡
指定年月日:大正11年(1922)10月12日
追加年月日:平成22年(2010)年8月5日

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2012年10月10日(水)
天候 晴れ
探訪ルート 東山道武蔵路(西国分寺地区) → 東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区) → 土師竪穴住居跡 → 本村八幡神社 → 国分寺薬師堂 → 国分寺仁王門 → 真言宗武蔵国分寺および万葉植物園 → 武蔵国分寺跡資料館 → 武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部) → 国分寺市文化財資料展示室 → 武蔵国分寺参道口 → 武蔵国分尼寺跡 → 旧鎌倉街道 → 伝祥応寺跡 →  → 武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡>

 

 さて、交差点を渡ってその先の右手にある「介護老人保護施設にんじん健康ひろば」の角を右手に入ると、そこには東山道武蔵路の跡に作られた公園(史跡東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区))がありました。

 

写真12 

 

 東山道武蔵路の道幅は時期によって12メートルだったり9メートルだったりするのですが、自動車も走っていない当時としてみたら、結構広い道幅だと思います。

 

写真13 

 

 東山道武蔵路は日本が国を挙げて作った道路であり、山があれば削り、湿地があれば埋め立て、強引に一直線に作られました。

 

写真14 

 

 史跡東山道武蔵路跡(武蔵国分寺跡北方地区)では、一軒の竪穴住居跡が目で分かるように地表に表示されているのですが、その住居が建てられた9世紀は、道幅が12メートルから9メートルに縮小されたあとであり、その住居は12メートル時代の溝と重なり合う形で建っていました。

 

 

 

 それと道路にまつわる祭祀の跡の可能性がある遺構も発見されています。

 

 

 

 さて、歩いているうちに陽が段々照り始めて、ちょうど良い温度になってきました。

 

 今日はまず一発目に東山道武蔵路の跡が見れたということで、だいぶ気分が良くなりました。次は「武蔵国分寺跡資料館」を訪れ、しかる後に国分寺の跡を見てみましょうか。

 

 

写真15 

 

写真16 

 

写真17 

 

写真18 

 

写真19 

 

写真20 

 

写真21 

 

写真22 

 

【参考資料】

  • 現地説明板

 

現在地

進む >>

東山道武蔵路

 

スポンサードリンク


第2回 探訪記録

 

 
探訪年月日 2016年5月8日(日)
天候 晴れ
探訪ルート 殿ヶ谷戸庭園 → 不動明王碑 → お鷹の道 → 武蔵国分寺跡資料館 → 真姿の池湧水群 → 武蔵国分寺跡(僧寺北東地域) → 武蔵国分寺公園寺域北辺溝 → 土師竪穴住居跡 → 本村八幡神社 → 国分寺薬師堂 → 国分寺仁王門 → 真言宗武蔵国分寺および万葉植物園 → 武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部) → 武蔵国分寺参道口 → 国分寺市文化財資料展示室 → 武蔵国分尼寺跡 → 旧鎌倉街道 → 伝祥応寺跡 →  → 武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡> → 東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区) → 東山道武蔵路(西国分寺地区) → 東山道武蔵路(恋ヶ窪地区)および姿見の池
同道者 東国を歩く会のみなさん
  • ヤマセミさん
  • S源寺さん
  • ヒラさん
  • さくみやさん
  • makotoさん
  • スーさん
  • こばやしさん
  • きしもとさん
  • いとうさん
  • 総勢10名!

 

 

 東国を歩く会で東山道武蔵路を訪れた時のルポルタージュは、管理人のブログ「日本史大戦略 Side-B」内で公開しています。

 

「日本史大戦略 Side-B」のページ

 

<< 戻る

現在地

進む >>

武蔵台遺跡公園
<武蔵台東遺跡>

東山道武蔵路
(旧第四小学校跡地区)

東山道武蔵路
(西国分寺地区)

 

【参考資料】

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。