武蔵国分尼寺跡

最終更新日:2015年5月15日

 

武蔵国分尼寺のルポルタージュは、管理人のブログ「日本史大戦略 Side-B」内で公開しています。

 

「日本史大戦略 Side-B」内「武蔵国分尼寺」のページ

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

写真1 京所道

 

府中街道と武蔵野線の線路を挟んで西側には、国分尼寺跡があり、現在は国分寺市立歴史公園となっている。

 

国分尼寺跡

 

公園内には、金堂の基壇が復元されている。

 

基壇

 

金堂の大きさは推定で正面間口が20.76メートル、奥行きが12.56メートルである。

 

基壇の前には、幢竿(どうかん)という幟を懸け吊るした竿が復元されている。

 

幢竿

 

高さは6メートル以上ある。

 

さきほどの基壇の横には、地下に入り込めるようになっているところがあって、版築(土盛り)が見えるようもなっている。

 

版築

 

これは良いねえ。

 

この公園は住宅街にあって狭いスペース内に見どころを配した良い公園であると思う。

 

 

 

 

 参道跡

 

 

3.尼寺

 

 

 全国の国分寺はほぼずべて、僧寺と尼寺が隣接しています。ただし、こちらは女性の世界ですので、いくら近いと言っても僧寺のお坊さんがデートに誘うとかは無理です。でも法事などで顔を見る機会があったと思うので、密かに想いを寄せるとかそういうこともあったかもしれません。

 

 中国でも国分寺と同様なものがあったそうですが、中国では尼寺はありませんでした。尼寺とセットにしたのは、聖武天皇の奥さんが信心深く、皇后の意見も入っているからだと思います。尼寺の創建は僧寺とほぼ同時期です。

 

 廃絶は僧寺よりも早く11世紀の初めには廃れたようで、寺の跡地に民家が建ち始めます。

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。