◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

玄人向けのネーミングの土師竪穴住居跡

最終更新日:2016年9月10日

 

土師竪穴住居概要
ふりがな はじたてあなじゅうきょあと
住所 東京都国分寺市西元町1-13

時代 8〜9世紀頃か
史跡・文化財指定
国分寺市指定史跡
史跡名:土師竪穴住居跡
指定年月日:昭和39年(1964)1月15日

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪データ
探訪年月日 2010年11月16(火)
天候 晴れ
探訪ルート 土師竪穴住居跡 → 本村八幡神社 → 国分寺薬師堂 → 国分寺仁王門 → 国分寺楼門 → 真言宗武蔵国分寺および万葉植物園 → 武蔵国分寺跡資料館 → 武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部) → 国分寺市文化財資料展示室 → 武蔵国分尼寺跡 → 旧鎌倉街道 → 伝祥応寺跡 → 

 

初めての武蔵国分寺探訪

 

 東京都国分寺市内には国分寺の跡があります。

 

 と言うと何だか紛らわしいですが、国分寺市の市名の元となったのは、奈良時代(8世紀)に全国に建てられた国分寺という寺です。

 

 その国分寺の跡が現在どうなっているか、それを確かめるために国分寺跡に行ってみます。

 

 これも紛らわしいのだが、地図で見ると国分寺跡はJRの国分寺駅からでなく、西国分寺駅からが近いようです。

 

 なので、西国分寺駅で電車を降りて、とりあえず南に向かって歩いてみよう。

 

 おや、この団地内の道路は「史跡通り」というんですね。

 

史跡通りの説明板

写真1 史跡通りの説明板

 

 しかし、通りを抜け出ても、国分寺跡を指し示す案内板などはありませんね。

 

 これではせっかく国分寺跡を見に行こうと思って訪ねた人に不親切じゃないかなあ。

 

 というか、もったいないですね。

 

 府中街道に出て少し南下したところで、左手(東側)の路地の奥を見ると、公園のようなものが見えます。

 

 「都立武蔵国分寺公園」とあります。

 

都立武蔵国分寺公園

写真2 都立武蔵国分寺公園

 

 でもこの公園は直接史跡とは関係ないようですね。

 

 もう少し南に行ってみましょう。

 

 すると神社の境内に入りました。

 

 これは何だ?

 

土師竪穴住居跡

写真3 土師竪穴住居跡

 

 国分寺市指定史跡の「土師竪穴住居跡」ですか。

 

土師竪穴住居跡説明板

写真4 土師竪穴住居跡説明板

 

 地表面を見た限りではよく分からないですね。

 

 じゃあ、神社を見てみましょう。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

日向国遠征

土師竪穴住居跡

本村八幡神社

 

スポンサードリンク


第2回 探訪記録

 

探訪データ
探訪年月日 2012年10月10日(水)
天候 晴れ
探訪ルート 東山道武蔵路(西国分寺地区) → 東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区) → 土師竪穴住居跡 → 本村八幡神社 → 国分寺薬師堂 → 国分寺仁王門 → 真言宗武蔵国分寺および万葉植物園 → 武蔵国分寺跡資料館 → 武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部) → 国分寺市文化財資料展示室 → 武蔵国分寺参道口 → 武蔵国分尼寺跡 → 旧鎌倉街道 → 伝祥応寺跡 →  → 武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡>

 

 

 前回来た時も、国分寺へ行く途中にここを通りましたね。

 

 本村八幡神社の境内にある土師竪穴住居跡です。

 

土師竪穴住居跡

写真5 土師竪穴住居跡

 

 習性のため説明板を撮影しますが、多分前回と変わっていないと思います。

 

土師竪穴住居跡説明板

写真6 土師竪穴住居跡説明板

 

 そして今日も本村八幡神社を参拝します。

 

<< 戻る

現在地

進む >>

東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区)

土師竪穴住居跡

本村八幡神社

 

スポンサードリンク


第3回 探訪記録 <東国を歩く会主催「第4回 歩く日」>

 

探訪データ
 
探訪年月日 2016年5月8日(日)
天候 晴れ
探訪ルート 殿ヶ谷戸庭園 → 不動明王碑 → お鷹の道 → 武蔵国分寺跡資料館 → 真姿の池湧水群 → 武蔵国分寺跡(僧寺北東地域) → 武蔵国分寺公園寺域北辺溝 → 土師竪穴住居跡 → 本村八幡神社 → 国分寺薬師堂 → 国分寺仁王門 → 真言宗武蔵国分寺および万葉植物園 → 武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部) → 武蔵国分寺参道口 → 国分寺市文化財資料展示室 → 武蔵国分尼寺跡 → 旧鎌倉街道 → 伝祥応寺跡 →  → 武蔵台遺跡公園<武蔵台東遺跡> → 東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区) → 東山道武蔵路(西国分寺地区) → 東山道武蔵路(恋ヶ窪地区)および姿見の池
同道者 東国を歩く会のみなさん
  • ヤマセミさん
  • S源寺さん
  • ヒラさん
  • さくみやさん
  • makotoさん
  • スーさん
  • こばやしさん
  • きしもとさん
  • いとうさん
  • 総勢10名!

 

<< 戻る

現在地

進む >>

武蔵国分寺公園寺域北辺溝

土師竪穴住居跡

本村八幡神社

 

 

 東国を歩く会で国分寺薬師堂を訪れた時のルポルタージュは、管理人のブログ「日本史大戦略 Side-B」内で公開しています。

 

「日本史大戦略 Side-B」のページ

 

【参考資料】

  • 現地説明板
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

東山道武蔵路(恋ヶ窪地区)および姿見の池
7世紀後半から張り巡らされた古代の官道の一つが国分寺市内に観察可能な状態で保護されている。
東山道武蔵路(西国分寺地区)
7世紀後半から張り巡らされた古代の官道の一つが国分寺市内に観察可能な状態で保護されている。
東山道武蔵路(旧第四小学校跡地区)
7世紀後半から張り巡らされた古代の官道の一つが国分寺市内に観察可能な状態で保護されている。
武蔵国分寺跡(僧寺伽藍中枢部)
武蔵国分寺跡(僧寺北東地域)
武蔵国分寺公園寺域北辺溝
武蔵国分尼寺跡
旧鎌倉街道
伝祥応寺跡
国分寺薬師堂
国分寺仁王門
国分寺楼門
真言宗武蔵国分寺および万葉植物園
本村八幡神社
不動明王碑
殿ヶ谷戸庭園
お鷹の道
真姿の池湧水群
武蔵国分寺跡資料館
7
国分寺市文化財資料展示室