都内最古の古墳か・扇塚古墳

最終更新日:2017年12月20日

 

扇塚古墳概要

 

ふりがな おおぎづかこふん
住所 東京都大田区田園調布1丁目

交通 東急東横線多摩川駅下車、徒歩約5分
史跡指定 なし
現況 マンション
築造時期 3世紀後半か
関連施設  

 

墳丘

 

形状 前方後円墳 帆立貝形古墳 前方後方墳? 双方中円墳 円墳 方墳 八角墳 上円下方墳
段築 1段 2段 3段 4段 5段 不明
造出 あり なし 不明
規模 不明
墳丘高 m
葺石 あり なし 不明
埴輪 あり なし 不明
登頂 可能 不可能
陪塚 あり なし 不明

 

埋葬主体

 

不明

 

周溝

 

不明

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2012年10月26日(金)
天候 曇り
探訪ルート 大田区立郷土博物館 → 鵜木大塚古墳 → 扇塚古墳 → 浅間神社古墳 → 多摩川台公園古墳展示室 → 亀甲山古墳 → 多摩川台古墳群 → 宝莱山古墳 → 八幡塚古墳 → 狐塚古墳 → 御岳山古墳 → 等々力渓谷三号横穴 → 野毛大塚古墳

 

惜しくも破壊され石碑のみが残る

 

 中原街道に出てさらに西に進み、ガストのある交差点を右折し、一つ目の信号を左折して坂を下っていくと、扇塚古墳の石碑があります。

 

石碑

写真1 石碑

 

 扇塚古墳は現在は破壊されてその上にマンションが立ち、石碑だけ残っているのですが、もともとは前方後「方」墳だったのではないかといわれています。

 

 前方後方墳だったかどうかは、もう今では確かめられませんが、周溝から愛知県の土師器を模倣して作られた土器が出土しており、それが4世紀前半と考えられるので、築造年代もその頃と考えられます。

 

 そうすると都内最古の古墳かもしれません。

 

 佇立するマンションの下で4世紀の時代に思いを巡らせた後は、さらに西を目指しましょう。

 

 ここを探訪した2012年の時点では上述のように思っていましたが、その後、扇塚古墳はもっと古い時代のものではないかと考えるようになりました。

 

 この日最初に訪れた大田区立郷土博物館には以下の説明がありました。

 

 

 これによると、

 

 

 

 

 

 

 

 ※元屋敷土器は庄内式の新しい段階のものか布留式の最も古い段階のものに相当する。元屋敷遺跡(一宮市丹陽町伝法寺)

 

【参考資料】

  • 『東京の古墳を歩く』 大塚初重/監修 2010年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

鵜木大塚古墳

扇塚古墳

浅間神社古墳

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。