◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

三島神社

最終更新日:2016年12月21日

 

三島神社概要

 

ふりがな みしまじんじゃ
通称
住所 東京都台東区寿4-9-1

祭神
  • 大山祇命(おおやまつみのみこと)
  • 身島姫命(みしまひめのみこと)
  • 和足彦命(やまとたらしひこのみこと)
  • 上津姫命(かみつひめのみこと)
  • 下津姫命(しもつひめのみこと)
境内神社
  • 髪稲荷神社
  • 石稲荷神社
創建 弘安4年(1281)の後
創建者 越智(河野)道有
史跡・文化財指定
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年12月7日(水)
天候 晴れ
探訪ルート 銀杏岡八幡神社 → 須賀神社 → 榊神社 → 鳥越神社 → 三島神社 → 黒船稲荷神社 → 駒形堂 → 浅草寺 → 浅草神社 → 日輪寺
同道者 なし

 

 

 鳥越神社を出て東に進み、「蔵前一」交差点を北上、台東区寿の三島神社を目指します。

 

 台東区内には三島神社が2か所、元三島神社が1か所あるのですが、これから行こうとしている寿の三島神社は、手元の道路地図に記載がありません。

 

 でも、住所は分かっているので、それを頼りに路地裏を歩きます。

 

 するとビルに囲まれて鳥居が建っていました。

 

三島神社鳥居

写真1 三島神社鳥居

 

 三島神社です。

 

 モンゴル帝国が九州に攻めてきた弘安の役(弘安4年<1281>)で、出陣した越智(河野)道有は、三島宮に戦勝を祈願しました。

 

 そして、帰陣の際には、夢のお告げで「三島明神を武蔵豊島郡に勧請すべし」と見たので、豊島郡金杉村に三島神社を勧請したということです。

 

三島神社社殿

写真2 三島神社社殿

 

 境内神社として、髪稲荷神社と石稲荷神社があります(社殿は一つ)。

 

髪稲荷神社と石稲荷神社

写真3 髪稲荷神社と石稲荷神社

 

 越智(河野)道有は、伊予(愛媛県)の武将ですが、なぜ伊予の武将が武蔵に神社を勧請したのでしょうか。

 

 実は、それについては台東区史などを見てみたのですが、まだ情報を得るに至っていません。

 

 この件についても今後の宿題ですな。

 

 ただ、『江戸氏の研究』によれば、道有の妻は江戸太郎の女ということなので、河野氏と江戸氏は姻戚関係で繋がっています。

 

 その辺に、台東区に多い三島神社の創建の謎を解く鍵がありそうです。

 

 次もすぐ近くの黒船稲荷神社を訪ねます。

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

鳥越神社

三島神社

黒船稲荷神社

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。