◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

黒船稲荷神社

最終更新日:2016年12月21日

 

黒船稲荷神社概要

 

ふりがな くろふねいなりじんじゃ
通称
住所 東京都台東区寿4-3-1

祭神
  • 蒼稲魂命(うかのみたまのみこと)
境内神社
創建 天慶3年(940)
創建者 平貞盛
史跡・文化財指定
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年12月7日(水)
天候 晴れ
探訪ルート 銀杏岡八幡神社 → 須賀神社 → 榊神社 → 鳥越神社 → 三島神社 → 黒船稲荷神社 → 駒形堂 → 浅草寺 → 浅草神社 → 日輪寺
同道者 なし

 

 

 三島神社の次は、すぐ近所の黒船稲荷神社に向かいます。

 

 やはり、黒船稲荷神社もビルに囲まれてひっそりと存在していました。

 

黒船稲荷神社鳥居

写真1 黒船稲荷神社鳥居

 

 黒船稲荷神社はとてもコンパクトな神社です。

 

黒船稲荷神社社殿

写真2 黒船稲荷神社社殿

 

 黒船稲荷神社は、藤原秀郷とともに平将門の乱を平定した平貞盛が、天慶3年(940)に黒船稲荷大明神を祀ったのが始まりだと言われています。

 

 東京23区内には、平将門の乱に由緒を示す神社が多いですが、ほかに平貞盛が創建したと伝わっている神社は、私が知る限りでは文京区の小日向神社しかありません。

 

 平貞盛は、父の国香を将門(国香の弟・良将の子。つまり貞盛の従弟)に殺されており、その仇を討ったわけですが、どちらかというと、一緒に戦った藤原秀郷の方が有名かもしれません。

 

 しかしそのあまり有名でない貞盛は、東北支配の名目上の要である鎮守府将軍にも任命され、「平将軍」と号したといいます(『尊卑文脉』)。

 

 2012年NHK大河ドラマの主人公・平清盛は、貞盛の四男維衡の子孫で、清盛の子らを倒した源頼朝の妻政子の実家の北条氏も貞盛の次男維将の子孫と称しています。

 

 さて、次はもう少し隅田川に近づいて駒形堂へ行ってみましょう。

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

三島神社

黒船稲荷神社

駒形堂

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。