◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

浅草神社

最終更新日:2016年12月21日

 

浅草神社概要

 

ふりがな あさくさじんじゃ
通称
住所 東京都台東区浅草2-3-1

祭神
  • 土師真中知命(はじのまつちのみこと)
  • 檜前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)
  • 檜前武成命(ひのくまのたけなりのみこと)
  • 徳川家康(とくがわいえやす)
  • 大国主命(おおくにぬしのみこと)
境内神社
  • 被官稲荷神社
創建 7世紀か
創建者 土師真中知の嫡子
史跡・文化財指定
公式サイト http://www.asakusajinja.jp/index_2.html

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年12月7日(水)
天候 晴れ
探訪ルート 銀杏岡八幡神社 → 須賀神社 → 榊神社 → 鳥越神社 → 三島神社 → 黒船稲荷神社 → 駒形堂 → 浅草寺 → 浅草神社 → 日輪寺
同道者 なし

 

 

 浅草寺の本堂向かって右手奥には浅草神社があります。

 

浅草神社鳥居

写真1 浅草神社鳥居

 

 こちらは浅草寺と違って、観光客もあまり訪れておらず、静かな佇まいです。

 

浅草神社社殿

写真2 浅草神社社殿

 

 境内神社に被官稲荷神社があります。

 

被官稲荷神社

写真3 被官稲荷神社

 

被官稲荷神社

写真4 被官稲荷神社

 

 浅草神社は、浅草寺のページでご紹介した、土師真中知、檜前浜成・武成兄弟らが祀られています。

 

写真5 

 

浅草神社から見る五重塔

写真6 浅草神社から見る五重塔

 

浅草神社から見る五重塔

写真7 浅草神社から見る五重塔

 

 さて、ここ浅草の地は、中世初期、西に江戸氏、北に豊島氏、東に葛西氏、そして南は海という土地で、勢力的には江戸氏の領地下にありました。

 

 当時はもちろん産業といったら農業が中心なわけですが、農業で補われないもの、例えば武士に必需品だった、武具・馬具などの多くは交易で手に入れる必要があったと思われます。

 

 浅草は、そういった商業的な「町」として中世初期から発展してきたようです。

 

 もちろん、そのルーツは浅草寺の縁起にもあるように、古代まで遡れ、近隣に残るヤマトタケルの伝承などから、古墳時代以前の集落も存在したことでしょう。

 

 浅草は、「町」として東京最古の歴史を誇るものと考えられます。

 

 さて、そろそろお昼になってきましたが、平将門ゆかりの日輪寺へ向かいます。

 

【参考資料】

  • 現地説明板
  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

浅草寺

浅草神社

日輪寺

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。