◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

三崎稲荷神社

最終更新日:2016年12月21日

 

三崎稲荷神社概要

 

ふりがな みさきいなりじんじゃ
通称
住所 東京都千代田区三崎町2-9-12

祭神
  • 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
  • 素盞鳴神(すさのおのかみ)
  • 大市姫神(おおいちひめのかみ)
  • 大物主神(おおものぬしのかみ)
創建 寿永元年(1182)
創建者 不詳
史跡・文化財指定
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年9月29日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 三崎稲荷神社 → 太田姫稲荷神社 → 真徳稲荷神社 → 柳森神社 → 神田明神 → 妻恋神社 → 湯島天神 → 本郷城 → 境稲荷神社 → 五條天神社 → 摺鉢山古墳 → 下谷神社
同道者 なし

 

 

 爽やかな、いや本当に爽やかな秋晴れの下、半袖で行動できるのも最後かなと思いながら、前回に引き続き、また電車に乗って都心にやってきました。

 

 降り立った駅は水道橋駅です。

 

 駅のすぐ近く、南側の路地をニョロニョロッと行くと赤い鳥居がありました。

 

 三崎稲荷神社です。

 

三崎神社鳥居

写真1 三崎神社鳥居

 

 鳥居をくぐって境内を見渡すと、コンパクトな神社でした。

 

三崎神社社殿

写真2 三崎神社社殿

 

 三崎稲荷神社の創建は寿永元年(1182)で、当初は現在の文京区本郷1丁目の丘陵上にありました。

 

 その地は当時は豊島郡三崎村と呼ばれ、地形的には半島状に伸びる本郷台地の先端に近く、そのため「岬」の意味で「三崎」と呼ばれるようになったと考えられます。

 

 大永4年(1524)、北条氏綱が江戸城を奪取した後は、和田太左衛門が祀官に命じられました。

 

 その後、天正18年(1590)の徳川家康入府後の江戸城造成工事のため文京区後楽に移転し、その時の参道口は、現在の三崎町2丁目の六つ辻のあたりで、そこに鳥居がありました。

 

 『新撰東京名所図会』によると、4代将軍徳川家綱の代の万治2年(1659)に江戸城の外堀(小石川)工事をした際に、堤防が崩れ人夫が疲弊したため、三崎神社の祀官和田右京亮に落成を祈願させたところ、日ならずして外堀は完成しました。

 

 そのため、外堀構築の責任者であった第3代仙台藩主伊達綱宗は、三崎神社を堤防の守護神とするために幕府に申請し、堤防の周辺に遷しました(場所は不明)。

 

 綱宗は社殿を修繕し、正宗の短刀一口を三崎稲荷神社に寄付しています。

 

 ところが、上述の『新撰東京名所図会』の説は不審です。

 

 というのは、『伊達治家記録』によれば、綱宗が牛込から筋違橋に至る堀の工事を開始したのは万治3年3月のことで、工事のさなかの7月18日には、綱宗は素行に問題ありとして21歳の若さで隠居させられているからです。

 

 それはそれとして、その後の万延元年(1860)には講武所開設のために遷座し、現在の場所に遷ってきたのは明治38年(1905)のことで、甲武鉄道敷設のための遷座です。

 

 さて、今日は神社をメインに10ヶ所以上めぐろうと思っています。

 

 千代田区、文京区、台東区という感じです。

 

 次は駿河台方面へ向かい、太田姫稲荷神社を探訪しましょう。

 

【参考資料】

  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年
  • 『千代田区文化財調査報告書17 千代田の稲荷−区内稲荷調査報告書−』 千代田区教育委員会/編 2008年

 

現在地

進む >>

【9月22日】
千代田区立四番町図書館

三崎稲荷神社

太田姫稲荷神社

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

神田神社(神田明神)
真徳稲荷神社
築土神社
山王日枝神社
将門塚
平将門の乱は関東地方の一争乱ではなく、日本が律令国家から王朝国家に転換する過程で起きた大規模な社会変動が生み出した現象の一つです。
柳森神社
太田姫稲荷神社
平河天満宮
【江戸城】常磐橋門
近世の江戸城には92の門がありましたが、常磐橋門は石垣が残り、国史跡に指定されています。
【江戸城】田安門
近世の江戸城には92の門がありましたが、江戸期の築造で現在普段からくぐれるのは田安門のみです。
【江戸城】竹橋御門
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】平川門
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】梅林坂
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】北桔橋
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
千代田図書館
四番町図書館
郡代屋敷跡
柳原土手跡
国旗掲揚台
和泉橋
万世橋駅跡
【江戸城】筋違門跡
昌平橋
気象庁旧生物季節観測の木々
【江戸城】神田橋門跡
【江戸城】一ツ橋門跡