◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

真徳稲荷神社

最終更新日:2016年12月21日

 

真徳稲荷神社概要

 

ふりがな しんとくいなりじんじゃ
通称
住所 東京都千代田区神田司町2-4

祭神
  • 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
創建 天平2年(730)
創建者 不詳
史跡・文化財指定
公式サイト

 

スポンサードリンク


第1回 探訪記録

 

探訪年月日 2011年9月29日(木)
天候 晴れ
探訪ルート 三崎稲荷神社 → 太田姫稲荷神社 → 真徳稲荷神社 → 柳森神社 → 神田明神 → 妻恋神社 → 湯島天神 → 本郷城 → 境稲荷神社 → 五條天神社 → 摺鉢山古墳 → 下谷神社
同道者 なし

 

江戸最古の神社を探し出せ!

 

 神田駿河台の太田姫稲荷神社を出て、さらに南東方向に向かいます。

 

 次は真徳稲荷神社に参拝しようと思っていますが、真徳稲荷神社は手持ちの道路地図に載っていません。

 

 ただ、住所は分かっているので、それを頼りに神社を探します。

 

 神田司町に到着し、しばらく路地裏をウロウロしますが、見つかりません。

 

 無い、無い、どこにも無い!

 

 ダメです、ギヴアップです。

 

 降参して、お弁当屋さんに場所を訪ねてみました。

 

 そして、言われたとおりに、通りに面した中華屋さんの脇の路地を入っていくと、赤い鳥居が目に飛び込んできました。

 

 やったー、見つけたーっ!

 

真徳稲荷神社

写真1 真徳稲荷神社

 

 真徳稲荷神社は、それは大変な古社で、創建は天平2年(730)、江戸の神社の中でもかなり古い方に入ります。

 

真徳稲荷神社社殿

写真2 真徳稲荷神社社殿

 

 場所も、往時からずっとこの場所(近辺)にあったらしく、明治6年(1873)には神田神社の兼務社となりました。

 

 しかし残念ながら手持ちの資料(『東京都神社名鑑』)ではそれ以上のことは分かりません。

 

 稲荷神社の総本社である伏見稲荷は和銅年間(708〜715)の創建と伝わっていますので、真徳稲荷神社の天平2年(730)創建という伝えが本当だとしたら、時代的に見て真徳稲荷神社は当初は稲荷神社ではなかったと思われます。

 

 当初はこの地の地主神を祀っていたはずで、それがいつの頃からか稲荷神社になってしまい、しかも当初の地主神は境内神社になることもなく消滅してしまったことになります。

 

 天平2年の創建というのは神田神社と一緒ですので、神田神社が兼務するようになってから創建時代を神田神社に合わせたように思われますが、当初はこの地の地主神を祀っていた江戸最古期の神社の一つと考えてよいのではないでしょうか。

 

 さてそういうわけで、古代へのロマンを掻き立てられる小さな真徳稲荷神社の境内には、近くのインドカレー屋さんから漂うスパイスの良い匂いがしていました。

 

 次は、秋葉原へ向かい柳森神社を訪れます。

 

【参考資料】

  • 『東京都神社名鑑 上巻』 東京都神社庁/編 1986年

 

<< 戻る

現在地

進む >>

太田姫稲荷神社

真徳稲荷神社

柳森神社

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

神田神社(神田明神)
築土神社
山王日枝神社
将門塚
平将門の乱は関東地方の一争乱ではなく、日本が律令国家から王朝国家に転換する過程で起きた大規模な社会変動が生み出した現象の一つです。
三崎稲荷神社
柳森神社
太田姫稲荷神社
平河天満宮
【江戸城】常磐橋門
近世の江戸城には92の門がありましたが、常磐橋門は石垣が残り、国史跡に指定されています。
【江戸城】田安門
近世の江戸城には92の門がありましたが、江戸期の築造で現在普段からくぐれるのは田安門のみです。
【江戸城】竹橋御門
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】平川門
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】梅林坂
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
【江戸城】北桔橋
東京都千代田区の歴史スポットを踏査して報告。
千代田図書館
四番町図書館