◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




歴史本のレビュー&おすすめ記事一覧

現在構築中です! 日本人のルーツについて書かれた本で最近出版された本は意外と少ないです。ですので、興味のある方は下表の本を全冊読んでみると良いでしょう。 ※リストは出版の古い順です。 ※管理人が所蔵している歴史本のみリストアップしています。日本人の骨とルーツ埴原和郎著2002年9月25日骨や歯を資料に日本人のルーツを探る。著者の「二重構造モデル」は有名で各書で引用されているのでこの本を読んで押さえ...

現在構築中です!日本の歴史1 神話から歴史へ井上光貞著1973年10月10日65年のシリーズ初版から50年も読み継がれている古典的名著だが、本巻の旧石器時代の記述はやはり現在の研究水準とは大きく差がある。本書は古代史を勉強する上ではベースになる本だが、旧石器時代の記述だけはあまり期待してはいけない日本歴史大系【普及版】1 古代文明の形成井上光貞/永原慶二/児玉幸多/大久保利謙編1995年11月15...

現在構築中です! ※リストは出版の古い順です。 ※管理人が所蔵している歴史本のみリストアップしています。日本の歴史1 神話から歴史へ 井上光貞 1973年10月10日65年のシリーズ初版から50年も読み継がれている古典的名著だが、本巻の縄文時代の記述はあまり詳しくはない。やはり時代の制約は受けているのである縄文時代 コンピュータ考古学による復元 中公新書 733 小山修三 中央公論社 1984/...

現在構築中です!日本の歴史1 神話から歴史へ井上光貞著1973年10月10日65年の初版から50年も読み継がれている古典的名著。時代を感じさせる記述も多いが、日本史の基本的な知識を抑えるためにはまずはこのシリーズを熟読してベースを作り、しかるのちに最新の本を読んでも遅くはないだろう倭国 東アジア世界の中で岡田英弘著1977年10月25日中国の史書をもとに古代の日本の姿を復元。邪馬台国の時代の倭国に...

六国史 六国史(りっこくし)とは国家が編纂・認定した日本の正史(公の見解により記された歴史書)で、日本書紀(にほんしょき)続日本紀(しょくにほんぎ)日本後紀(にほんこうき)続日本後紀(しょくにほんこうき)日本文徳天皇実録(にほんもんとくてんのうじつろく)日本三代実録(にほんさんだいじつろく) の6書のことを言います。 最後の『日本三代実録』は、清和・陽成・光孝天皇の御代の歴史を記しており、仁和3年...

 古代の東北と言ったら蝦夷(エミシ)です。 それは北の空にほのかに輝く北極星のような存在。 見えてはいるけれど到達できないという意味も含めて。 蝦夷に関する研究は古くから行われており、コンスタントに本が出版され、2013年にはNHKで高橋克彦氏原作のドラマ「火怨・北の英雄 アテルイ伝」が放送され、また静かな蝦夷ブームが起きています。 蝦夷の基本史料は六国史(りっこくし)なので、こちらのページを参照...

 中世城郭や近世城郭、それに合戦について述べられている本で、私が所蔵している本をご紹介します。 城郭関係は、私の研究対象の関係で関東・東北の中世城郭がほとんどです。 ※リンクをクリックすると詳細ページに飛びますシリーズもの日本城郭大系 お城を調べる際の基本文献でまず押さえておきたいのが、都道府県ごとに城郭を網羅した『日本城郭大系』(全20巻)です。 1979〜80年に出た本なので内容は少し古くて、...