◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

中世城郭・近世城郭および合戦について書かれた本のレビュー&おすすめ

 中世城郭や近世城郭、それに合戦について述べられている本で、私が所蔵している本をご紹介します。

 

 城郭関係は、私の研究対象の関係で関東・東北の中世城郭がほとんどです。

 

 ※リンクをクリックすると詳細ページに飛びます

 

シリーズもの

 

日本城郭大系

 

 お城を調べる際の基本文献でまず押さえておきたいのが、都道府県ごとに城郭を網羅した『日本城郭大系』(全20巻)です。

 

 1979〜80年に出た本なので内容は少し古くて、都道府県内のすべての城郭が掲載されているわけではないですが、全体像を知りたい場合にはもっとも重宝する本で、今なお城郭本の「バイブル」であることに変わりはありません。

 

 執筆を担当した当時の若手・中堅の研究者の中には、今ではお城の世界で大御所になった方もおられるので内容は信頼できますが、都道府県によって執筆態度に「熱意」の差が感じられる気がします。

 

 私は自分の研究対象の関係で、以下の巻を所蔵しています。

 

 

日本城郭全集

 

 日本城郭大系が出版されるよりも前の1967年に、城郭大系を出した新人物往来社の前身である人物往来社から日本全国の城郭を網羅した『日本城郭全集』(全16巻)が出版されました。

 

 私はたまたま都内の古書店で見つけた第1巻だけ持っています。

 

  • 日本城郭全集 1 北海道・青森県・岩手県・秋田県 大類伸/監修 1967年

 

探訪日本の城

 

 1977年から翌年にかけて、著名な小説家が城について語る『探訪日本の城』(全11巻)が出版されました。

 

 中近世分け隔てなく掲載されており、メインである小説家の随筆以外にも専門家による解説もありますが簡単なもので、総じて学術的には浅いです。

 

 たまたま古書店で見つけた以下の巻を持っていますが、今でも一冊数百円の値段で売られています。

 

  • 探訪日本の城 2 関東 1978年
  • 探訪日本の城 3 東海道
  • 探訪日本の城 4 中山道
  • 探訪日本の城 10 西海道

 

週刊名城をゆく

 

 毎週、国内の有名な近世城郭を取り上げ、オールカラーで多くの写真や図版を用いて解説した雑誌です。

 

 惰性で全50冊集めてしまいましたが、閲覧頻度は非常に低いです。

 

都道府県ごとの資料

 

 東北地方の城館跡を調べる上での基本文献として有名なのは以下の資料です。

 

  • 南部諸城の研究 沼舘愛三/著
  • 津軽諸城の研究 沼舘愛三/著
  • 伊達諸城の研究 沼舘愛三/著
  • 出羽諸城の研究 沼舘愛三/著
  • 会津・仙道・海道地方諸城の研究 沼舘愛三/著
  • 史料 仙台領内古城・館 第一巻 紫桃正隆/著
  • 史料 仙台領内古城・館 第二巻 紫桃正隆/著
  • 史料 仙台領内古城・館 第三巻 紫桃正隆/著
  • 史料 仙台領内古城・館 第四巻 紫桃正隆/著

 

 『諸城の研究』シリーズは古書で3〜4000円程度で入手できますが、『仙台領内』の方はほぼ入手不可能です。

 

 関東地方の場合は、古い本ですが、以下の2冊は基本として押さえておきたいです。

 

 

 以降、都道府県ごとの資料を紹介します。

 

青森県

 

 

岩手県

 

  • 日本城郭大系 2 青森・岩手・秋田
  • 二戸郡九戸郡 古城館趾考 簗部善次郎/著
  • 九戸陣の研究 法師岡・苫米地の攻防 下井田喜太郎/著
  • 和賀一族の興亡 総集編
  • 骨が語る奥州戦国九戸落城 百々幸雄・竹間芳明・関豊・米田穣/著 2008年
  • 盛岡城

 

秋田県

 

 

 

宮城県

 

 

山形県

 

  • 山形合戦 鈴木和吉/著

 

福島県

 

  • 戦国フィールドワーク 北の関ヶ原合戦 中田正光・三池純正/著 2011年

 

栃木県

 

 

群馬県

 

 

茨城県

 

 

 

埼玉県

 

  • 中世城郭の研究 小室栄一著 1965年
  • 武蔵野の城館址 小室栄一/編 1984年
  • 鉢形城指南 鉢形城歴史館/編 2012年
  • 秩父路の古城址 中田正光/著 1982年(新装版は2001年)
  • 埼玉の古城址 中田正光/著 1982年(新装版は2001年)

 

東京都

 

  • 中世城郭の研究 小室栄一著 1965年
  • 多摩の古城址 小幡晋/著 1978年
  • 世田谷の中世城塞 東京都世田谷区教育委員会/編 1979年
  • 多摩丘陵の古城址 田中祥彦/著 1985年(新装版は1993年)
  • 資料青梅市の中世城館跡 青梅市郷土博物館/編 1990年
  • 史料と遺跡が語る 中世の東京 峰岸純夫・木村茂光/編 1996年
  • 改訂新版 八王子城 みる・きく・あるく 峰岸純夫・椚國男・近藤創/編 2001年
  • 葛西城とその周辺 葛飾区郷土と天文の博物館/編 2001年
  • よみがえる滝山城 中田正光/著 2007年
  • よみがえる滝山城ハンドブック 滝山城戦国絵図 中田正光/著 2009年
  • 決戦!八王子城 前川實/著 2009年
  • 東京の名山・名城 高尾山と八王子城 椚國男・吉山寛/著 2009年
  • 戦国の城は民衆の危機を救った 中田正光/著 2013年
  • 東京都の中世城館 東京都教育委員会/編 2013年
  • 八王子城今昔物語絵図 前川實/著 2014年
  • 八王子城 八王子市郷土資料館/編 2014年(改訂版)
  • 江戸城 その全容と歴史 西ヶ谷恭弘/著
  • 東京下町に眠る戦国の城・葛西城
  • 多摩のあゆみ 第十号 特集・多摩の城
  • 多摩のあゆみ 第十七号 特集・多摩の古戦場

 

千葉県

 

  • 国府台合戦を点検する 千野原靖方/著 1999年
  • 東葛の中世城郭 千野原靖方/著 2004年

 

神奈川県

 

  • 神奈川県 中世城郭図鑑 西股総生/著 2015年

 

山梨県

 

  • 新府城と武田勝頼 網野善彦/監修・山梨県韮崎市教育委員会/編 2001年
  • 【新装版】 戦国武田の城 中田正光/著 2010年
  • 武田神社 武田氏館跡 清雲俊元ほか/著 2010年

 

長野県

 

  • 長篠・設楽原合戦の真実 名和弓雄/著 1998年
  • 川中島合戦再考 笹本正治/監修・長野県飯山市/編 2000年

 

 

論文・読み物

 

  • 中世の合戦と城郭 峰岸純夫/著 2009年
  • 中世東国の領域と城館 齋藤慎一/著 2002年 (コピーを所持)
  • 中世東国の道と城館 齋藤慎一/著 2010年 (コピーを所持)
  • 戦国山城を攻略する 森本基嗣/著 2010年
  • 村人の城・戦国大名の城 中田正光/著 2010年
  • 城を極める 中世城郭の縄張と空間 松岡進/著 2015年
  • 城館調査ハンドブック
  • 関ヶ原の役
  • 戦国の城−安土城への道
  • 今日から歩ける 超入門 山城へGO!
  • 「城取り」の軍事学
  • 図説・戦う城の科学
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本 西股総夫/著 2016年

 

事典

 

  • 日本城郭事典 大類伸/監修 1970年
  • 戦国武将合戦事典 峰岸純夫・片桐昭彦/編

 

遺跡発掘調査報告書

 

  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成10年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成11年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成12年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成13年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成14年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成15年度)
  • 浄法寺城跡 遺跡発掘調査概報(平成21年度)
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




中世城郭・近世城郭および合戦本のレビュー&おすすめ記事一覧

 1980年前後に出版された城郭本のバイブルと呼ばれている本で、少し古い本ですが、しっかりとした内容なので今でも非常に役に立ちます。 古書で手に入りますので、調査したい都道府県の巻は購入をお薦めしますが、各市町村のほとんどの図書館(複数ある場合はもっとも大きな図書館)に所蔵されていますので、図書館で閲覧しての調査も可能です。ただし、建築の分野に置かれていることもありますので、探すときは注意しましょ...

 大正元年(1912)生まれの城郭研究家である小室栄一が昭和40年(1965)に出版した本です。 関東地方の城館跡62箇所について別冊(付属)の縄張図とともに個別に解説する第T部のほか、第U部では「築城遺構に関する諸問題」と題して、中世城郭の分類や土塁や空堀などの各パーツについても論考しています。 50年代後半から出版前までの期間に調査が行われており、今では開発によって失われてしまった当時の遺構の...

 大正元年(1912)生まれの城郭研究家である小室栄一が後進の研究者たちの論文を編集して出版した本です。 タイトル通り、旧武蔵国の範囲の中世城郭について、現在では大御所となった研究者たちがまだ若かりし日に熱き自論を展開しており、当該地方の中世城郭を研究する上では『中世城郭の研究』とともに基本の書として必読すべき本です。 まだ古書で手に入りますので、図書館でコピーをするのでしたら購入する方をお薦めし...