◆日本史大戦略◆ 西関東・北東北の史跡を踏査し歴史を考察!

日本城郭史研究叢書 第3巻 武蔵野の城館址 (小室栄一/編)

 大正元年(1912)生まれの城郭研究家である小室栄一が後進の研究者たちの論文を編集して出版した本です。

 

 タイトル通り、旧武蔵国の範囲の中世城郭について、現在では大御所となった研究者たちがまだ若かりし日に熱き自論を展開しており、当該地方の中世城郭を研究する上では『中世城郭の研究』とともに基本の書として必読すべき本です。

 

 まだ古書で手に入りますので、図書館でコピーをするのでしたら購入する方をお薦めします。

 

カヴァーしている時代

 

 濃い色が付いているのがメインとしている時代で、淡い色が付いているのが言及している時代です。

 

旧石器時代
縄文時代
弥生時代
古墳時代(大化改新まで)
古墳時代終末期(大化改新以降の飛鳥時代)
奈良時代
院政開始以前の平安時代
院政開始以後の平安時代から鎌倉時代
建武親政から南北朝合一
南北朝合一以降から戦国時代までの室町時代
戦国時代
江戸時代
幕末から戦前・戦中
戦後

 

カヴァーしている地域

 

 濃い色が付いているのがメインとしている地域で、淡い色が付いているのが言及している地域です。

 

沖縄 九州 山陰 山陽 四国 近畿 北陸 東海 甲信越 関東 南東北 北東北 北海道

 

主な掲載城館跡

 

 「第二編 室町戦国の城郭」および「第三編 城館址の発掘調査」に主題として取り上げられている城郭は以下の通りです。

 

 ※リンクが貼っている城館跡はこのサイト内の「歴史めぐり」の記事にリンクしています

 

  • 鉢形城 (埼玉県寄居町)
  • 菅谷館 (埼玉県嵐山町)
  • 青鳥城 (埼玉県東松山市)
  • 加納城 (埼玉県桶川市)
  • 江戸城 (東京都千代田区)
  • 滝山城 (東京都八王子市)
  • 八王子城 (東京都八王子市)
  • 小机城 (横浜市港北区)

 

本のデータ

 

シリーズ名 日本城郭史研究叢書 第3巻
著編者 小室栄一/編
発行元 名著出版
初版発行年月日 1984年7月25日
管理人蔵書の版・刷 第1刷
総ページ数 398ページ
寄稿している研究者 小山靖憲・日野一郎・神尾明正・森谷ひろみ・杉山久吉・内野勝裕・籠瀬良明・湯山学・山崎一・西ヶ谷恭弘・小和田哲男・倉員保海・塩野博・小野義信・吉川國男・福島正義・柳田敏司・古泉弘・小室栄一
入手する
スポンサードリンク



 

ご意見・ご感想は、稲用章

inayouアットマークa.email.ne.jp

までお願いします。

 




関連ページ

日本城郭大系
東京を始めとして埼玉・群馬・神奈川を含む西関東地方および岩手・青森の原始・古代・中世・近世の歴史を紹介。
〜城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・糠部南部氏・戦国北条氏〜
中世城郭の研究
東京を始めとして埼玉・群馬・神奈川を含む西関東地方および岩手・青森の原始・古代・中世・近世の歴史を紹介。
〜城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・糠部南部氏・戦国北条氏〜