古代史を学びたい方へ

 日本の国はどうやって生まれたのか。

 天皇という存在はいったい何なのか。

 こういったことに興味や疑問を抱く方は多いと思います。

 邪馬台国の所在地や卑弥呼が何者なのかについて熱く語る方もいらっしゃいますし、古墳や古代寺院跡などを見て、古代へのロマンを馳せながら遺跡めぐりを楽しむ方も多いでしょう。

 「歴史を歩こう協会」では、そういった方々を対象に、実際に遺跡を歩いたり、博物館や資料館を見学したりしながら、「体験」として古代史に触れあいつつ古代史の謎を楽しんでいただくとともに、座学講座にて集中的に古代史の「知識」を得ていただくことを目的に、歴史歩きや座学講座を企画しています。

 古代史もかなり奥が深い世界ですから、どこから手を付けて良いか分からない方もいらっしゃると思います。そのため、本会では古代史の知識を体系的に整理し、それを細分化して単元として扱い、各歴史歩きや講座でどのような知識を得られるか分かりやすいように配慮しています。

 現在は新型コロナウイルスの影響があって、歴史歩きや講座を催行することが困難になっていますが、この騒ぎが収まるころには、古代史を学びたい方が楽しんでいただけるツアーや講座が催行できるようにしっかりと準備を整えておきます。

大神神社の展望所から