【律令時代 完全入門】 武蔵国分寺跡と東山道武蔵路跡を歩いて律令国家の強大さを目の当たりにする

東京都国分寺市には律令時代(奈良時代とその前後)を知る上で格好の遺跡があります。

武蔵国分寺跡・国分尼寺跡、そして東山道武蔵路跡です。

これらの遺跡を歩きながら、現代にまで影響を及ぼしている律令国家の正体をつきとめましょう。

【このコースで学べること】
・律令国家とは何か
・奈良時代の概要
・国分寺の基礎知識
・武蔵国分寺の特徴
・古代官道の基礎知識

武蔵国分寺跡資料館の国分寺のジオラマ

現地集合・現地解散となります

集合場所:JR中央線「西国分寺」駅
受付開始時刻:8:30
出発時刻:9:00
解散時刻:12:30(予定)
食事:付きません
歩程:約4㎞
高低差や階段:途中、30段ほどの階段がありますがそれ以外はほぼ平坦です

コース:JR西国分寺駅(9:00) → 武蔵国分尼寺跡 → 武蔵国分寺跡 → 武蔵国分寺跡資料館 → 国分寺薬師堂 → 東山道武蔵路跡(旧第四小学校跡地区) → 東山道武蔵路跡(西国分寺地区) → JR西国分寺駅(12:30予定)

※希望者にはオプションツアーとして、姿見の池(こちらも東山道武蔵路跡)をご案内します(歩程:0.5㎞ 所要時間:30分)

少雨決行(催行者の判断で中止する場合は事前にご連絡します)

催行日:2020年5月の土曜日を予定
最少催行人数:4名

※24ページのカラーレジュメ付き
※自宅と集合場所・解散場所との交通費はお客様負担

投稿者: 案内人