この記事は、2015年5月4日から2泊3日で探訪した群馬県前橋市の歴史めぐりの様子を当時のブログにアップしたものをこちらのサイトに再アップするものです。

 文章はほとんど当時のものと一緒で、古い内容が含まれていますのでご了承ください。

 補足が必要な場合は、それと分かるように追記します。

 


群馬県前橋市の総社古墳群探訪【2015年5月4日(月)】

イントロダクション → 総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 光巌寺 → 宝塔山古墳 → 蛇穴山古墳 → 総社城跡 → 遠見山古墳 → 山王廃寺跡 → 上野国分尼寺跡 → 上野国分寺跡 → 妙見寺および妙見社 → 上野国府跡 → 蒼海城跡 → 宮鍋神社 → 大友神社 → 総社神社 → 石倉城跡 → 王山古墳 → 前橋城跡 → 前橋八幡


 

貴重な家形石棺は目視できず

 
 さきほど総社二子山古墳の墳頂から見えた森が総社愛宕山古墳だと思いますので、そちらの方向に歩いてみます。
 
 ここですね。
 
 まずは北の方からの眺め。

写真1 北からの眺め


 
 うーん、どちら側から回り込もうか。
 
 とりあえず東側に流れている天狗岩用水の方へ行ってみよう。
 
 坂を下ると、すぐに橋を渡ります。
 
 あ、鯉のぼり!

写真2 鯉のぼり


 そうか、今日はもう5月4日ですね。

 少し用水沿いを歩き、階段で段丘を上がり、また橋を渡って南側に回り込みます。

 おっと、標柱を発見!

愛宕山古墳の標柱


 古墳を見たところ、雑木林のようになっていて、ところどころに墓石が建っています。
 
 とりあえず墳頂を目指してみましょう。
 
 すると、ひっそりと説明板が立っています。
 
 もうちょっと目立つ場所に立てても良いような気がしますが、これはある意味、勇気を持って墳丘に取りついた者だけが読めるプレミアムな意味を持った説明板なのかもしれません。
 
 総社愛宕山古墳は、従来は径60mの円墳と考えられており、1971年に刊行された『前橋市史 第一巻』でもそう書かれているのですが、方墳との説が出てきて、『群馬県史』を編さんするに当たり、測量調査が実施されました。
 
 すると、一辺が約60m(説明板では56m)の巨大方墳であることが分かったのです。
 
 群馬県内では首長級の方墳は珍しく、他に同じ総社古墳群でこれから訪ねようとしている宝塔山古墳と蛇穴山古墳、それに太田市の巖穴山古墳しかありません。
 
 6世紀の第3~4四半期に、さきほど訪れた二子山古墳が築造された頃は、まだ総社古墳群の勢力は他の周辺勢力から抜きに出る力はなかったのですが、その頃この地域の盟主であった綿貫観音山古墳の勢力は、その後威勢が急落し、7世紀に入った頃には、ここ総社古墳群の勢力が一気に力を増します。
 
 7世紀に入った段階では、畿内の有力支配者層はすでに方墳に移行しており、上野国内においては、とくに総社古墳群の勢力のみ方墳を3代に渡り構築する権利を持っていたということで、律令国家が地方支配を進めて行く上で、関東においてはとくに総社古墳群の勢力がその中心となるようにヤマトから認められたことが良く分かります。
 
 ただし、よく上毛野の王というと、群馬県内のみならず、関東一円に勢力を張っていたと思われがちですが、考古学的にはそれを裏付けることはできず、5世紀に太田市に太田天神山古墳という東国ナンバーワンの巨大古墳が築かれた時は、一時的に上毛野内の諸氏からリーダーが推戴されただけであり、その後またすぐに分裂状態になります。
 
 したがって、古墳時代はほぼずっと、群雄割拠な状態が続いたわけですが、7世紀に入りいよいよヤマトは地方政策の一環として、総社古墳群の勢力をとくに関東のリーダーとして選んで、権威付けや技術者の派遣などを通じて、それを推し進めて行きます。
 
 つまり、それをもってようやく上毛野は統合に向かい、なおかつ関東一円のリーダー的存在になるのです。
 
 さて、次に石室の開口部にやってきましたが・・・
 
 しまった!
 
 懐中電灯を忘れた!
 
 石室内を見るには懐中電灯は必携なはずなのに、それを忘れてしまったのはまだまだ自分が古墳めぐりのビギナーの位置にも来ていないことを痛感します。
 
 なので、暗くて全然中が見えません。
 
 デジカメでフラッシュを焚いてなんとか石室内を撮影。 

写真4 石室内の家形石棺


 愛宕山古墳の石室は、全長9.3mで、うち玄室(棺を納める部屋)の長さは7m、幅は3m、高さは2.6mあります。
 
 といってもあまりピンと来ないかもしれませんが、群馬県内でも有数の大型石室なのです。
 
 そして設計には一尺が35cmの高麗尺が使用されています。
 
 写真4に写っているのは、凝灰岩でできた刳抜式の家形石棺です。
 
 家形石棺は、ヤマトの有力豪族層に採用されていることが多く、東国では大変珍しくて、関東と東北では群馬県をのぞくと栃木県に一例あるのみです。
 
 それだけこの総社古墳群の勢力はヤマトと密接な関係を持っていたということになりますね。
 
 『前橋市史 第一巻』によると、この石棺は凝灰岩でできていますが、愛宕山古墳の後に造られた宝塔山古墳の石棺はより硬い安山岩でできています。
 
 凝灰岩の方がはるかに加工がしやすく、当地方で築造されたより古い竪穴式石室を持つ古墳の石棺はほとんど凝灰岩製です。
 
 それと、石棺のこちら面に見える大穴は、盗掘の際に開けられてしまいました。
 
 それでは、同じく方墳の宝塔山古墳へ行ってみましょう

 


群馬県前橋市の総社古墳群探訪【2015年5月4日(月)】

イントロダクション → 総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 光巌寺 → 宝塔山古墳 → 蛇穴山古墳 → 総社城跡 → 遠見山古墳 → 山王廃寺跡 → 上野国分尼寺跡 → 上野国分寺跡 → 妙見寺および妙見社 → 上野国府跡 → 蒼海城跡 → 宮鍋神社 → 大友神社 → 総社神社 → 石倉城跡 → 王山古墳 → 前橋城跡 → 前橋八幡


 

石室内部の様子

2020年4月3日 追記


 上記の探訪のあと、クラブツーリズムにて何度か総社古墳群をご案内しているのですが、2019年2月14日にツアーとして訪れたときは、ちょうど冬だったこともあり、最初に訪れたときのように石室入口が雑草に覆われていることもなく、しゃがんで行けばなんとか石室内に入ることができました。

 そのときの様子をお伝えします。

 石室内から振り返って入口を見ると、現在は入口がだいぶ狭くなってしまっているのが分かると思います。


 石棺です。



 中に入ると結構広くて、玄室の高さは2.6mということもあり、大人でも十分に立っていられます。


 『東国の雄 総社古墳群』によると、愛宕山古墳の石室の大きさは、残存値で全長が9.28m、玄室長は7.1mです。



 壁面の石は自然石を積み上げていますが、ある程度加工してから積み上げているようです。


 石室から出るときは、母の胎内から生まれ出る感覚を得られますよ。


 私は生まれ出た!

 この古墳に限らず、横穴式石室に入ったり墳丘の上に登ったりしたい場合は、冬に行くことをお勧めします。

 ただし、外観を楽しむのであれば、古墳によりけりですが、花の時期も良いですし、新緑の時期もまた良いですね。

 古墳はいつ行ってもその時期ならではの楽しみ方があるのです。

 

参考資料

  • 現地説明板
  • 『前橋市史 第一巻』 前橋市史編さん委員会/編 1976年
  • 『群馬県史 資料編3 原始古代3』 群馬県史編さん委員会/編 1981年
  • 『群馬県史 通史編1 原始古代1』 群馬県史編さん委員会/編 1990年
  • 『東国の雄 総社古墳群』 前橋市教育委員会/編 2017年

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です