この記事は、2015年5月4日から2泊3日で探訪した群馬県前橋市の歴史めぐりの様子を当時のブログにアップしたものをこちらのサイトに再アップするものです。

 文章はほとんど当時のものと一緒で、古い内容が含まれていますのでご了承ください。

 補足が必要な場合は、それと分かるように追記します。

 


群馬県前橋市の総社古墳群探訪【2015年5月4日(月)】

イントロダクション → 総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 光巌寺 → 宝塔山古墳 → 蛇穴山古墳 → 総社城跡 → 遠見山古墳 → 山王廃寺跡 → 上野国分尼寺跡 → 上野国分寺跡 → 妙見寺および妙見社 → 上野国府跡 → 蒼海城跡 → 宮鍋神社 → 大友神社 → 総社神社 → 石倉城跡 → 王山古墳 → 前橋城跡 → 前橋八幡


 

江戸期の武士は古墳を見て何を思ったか?


 総社城の説明板から今度は南の方向に向けて、住宅街の中をニョロニョロ歩きます。

 すると、遠くに墳丘らしきものが見えました。

写真1 遠見山古墳の遠景


 あれに違いないので、ショートカットして空き地を進みます。
 
 しかし畑の跡のような感じで、足がかなり土に埋まります。
 
 トレッキングシューズを履いてきてよかった・・・
 
 墳丘の前に来ました。

写真2 遠見山古墳


 きれいな花が咲いていますね。

写真3 花


 どういうわけか、古墳と花ってとても良い組み合わせに思えます。


写真4 花


 あ、でもこの花は墳丘に咲いていたものではなく、古墳の敷地内に咲いていた花です。
 
 墳頂に登ります。

写真5 墳頂


 遠見山古墳は現況では墳丘長70mほどの前方後円墳ですが、復元すると88mの大型の前方後円墳となります。

 墳丘の形状は前方部が低くなっています。

 主体部に関しては調査がされていません。
 
 墳丘から周溝跡を見下します。

写真6 周溝跡を見下ろす


 周溝は10mから20m程の幅で残っているそうです。
 
 現地の説明板では6世紀初頭ごろの築造と推定していますが、総社二子山古墳のページでも述べた通り、総社古墳群は、王山古墳、総社二子山古墳、愛宕山古墳、宝塔山古墳、蛇穴山古墳という順で造られたことが分かってはいるものの、遠見山古墳は調査がされておらず、形状からの推測および王山古墳と総社二子山古墳の築造時期が少し空いていることから、湮滅した王河原山古墳とともに、そこに入りこむと推定されています。

 2020年4月3日補足

 遠見山古墳の築造時期に関しては、この探訪のときには上記のように述べたのですが、総社二子山古墳のページでも述べている通り、現在では遠見山古墳は王山古墳より前の5世紀後半と考えられています(『東国の雄 総社古墳群』)

 総社古墳群にはこのあと何度も訪れているものの、遠見山古墳はこの時しか訪れていないので記憶が確かではないのですが、自分でも前方部が低いとレポートしていますから、王山古墳より前と考えるのは自然ですね。

 以下、『総社古墳群範囲内容確認調査報告書Ⅰ 遠見山古墳の調査』(前橋市教育委員会/編)の記述を元にいつくか興味深い点を羅列します。

 一段目の斜面全体に葺かれていた葺石には、保渡田八幡塚古墳の復元で私たちが見ることができる縦位に目の通った石列は確認されませんでした。

 埴輪列に関しては確実なものは見つかっていませんが、存在した可能性があります。

 周溝は二重の可能性が高いですが、中堤や外堤は見つかっていません。

 主体部を突き止めるためにトレンチを入れましたが、痕跡すら見つかりませんでした。

 墳丘の構築方法は、いわゆる「西日本工法」。

 この報告書は2020年3月に発行されたばかりの最新のもので、私もまだざっとしか目を通してないので、もう少し詳しく読んでみようと思っています。


 それではここで一旦総社古墳群から離れて、直線距離で1.5kmほど南西にある山王廃寺跡へ向かいましょう。

 


群馬県前橋市の総社古墳群探訪【2015年5月4日(月)】

イントロダクション → 総社二子山古墳 → 総社愛宕山古墳 → 光巌寺 → 宝塔山古墳 → 蛇穴山古墳 → 総社城跡 → 遠見山古墳 → 山王廃寺跡 → 上野国分尼寺跡 → 上野国分寺跡 → 妙見寺および妙見社 → 上野国府跡 → 蒼海城跡 → 宮鍋神社 → 大友神社 → 総社神社 → 石倉城跡 → 王山古墳 → 前橋城跡 → 前橋八幡


 

参考資料

  • 現地説明板
  • 『群馬県史 資料編3 原始古代3』 群馬県史編さん委員会/編 1981年
  • 『群馬県史 通史編1 原始古代1』 群馬県史編さん委員会/編 1990年
  • 『東国の雄 総社古墳群』 前橋市教育委員会/編 2017年
  • 『総社古墳群範囲内容確認調査報告書Ⅰ 遠見山古墳の調査』(前橋市教育委員会/編) 2020年

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です