この記事は、2015年1月23日の歴史めぐりの様子を当時のブログにアップしたものをこちらのサイトに再アップするものです。

 この頃は、まだ城跡も積極的に訪れている時期でした。

 文章はほとんど当時のものと一緒で、古い内容が含まれていますのでご了承ください。

 補足が必要な場合は、それと分かるように追記します。

 


初めての川越歴史めぐり【2015年1月23日(金)】

砂久保陣場跡 → 入間郡家跡(霞ヶ関遺跡) → 河越氏館跡(上戸陣跡) → 常楽寺(大道寺政繁墓) → 河越城跡および東明寺 → 川越氷川神社 → 川越城跡および三芳野神社


 

ここにも太田道灌の伝承が


 16時、東明寺の猫ちんと別れ、川越駅に向かって歩き出します。
 
 途中、近世川越城の遺構である喜多院の空堀を見てから家に帰りましょう。
 おや、神社がありますね。
 
 ちょっと寄ってみましょう。

写真1 川越氷川神社拝殿

 
 川越氷川神社ということです。
 
 何の予備知識もなく来たので、歴史等についてまったく分からないですが・・・
 
 おっと、何だこの巨大な鳥居は!

写真2 氷川神社大鳥居

 
 説明板によると、平成2年に建立されたこの鳥居は、高さが15メートルもあり、木製の鳥居としては国内随一ということです。
 
 え!扁額は勝海舟の直筆だって!?

写真3 勝海舟直筆扁額

 
 なんか凄い神社に来ちゃったぞ。
 
 それじゃあせっかくなので、もう少し境内を歩いてみましょう。
 
 おや?ここにも説明板。

写真4 太田道灌手植えの矢竹と献詠和歌


 説明板によると、長禄元年(1457)に太田道真・道灌父子が河越城を築城した際、戌亥の方角にあった氷川神社を道灌は城の守護神とし、
 
 「老いらくの 身をつみてこそ 武蔵野の 草にいつまで 残る白雪
 
 という和歌を献じるとともに、武器になる矢竹を植えたと言います。
 
 もちろん今見ている矢竹が道灌手植えのモノホンということはあり得ないと思いますが、やはりここにも道灌の伝説は残っているんですね。

写真5 川越氷川神社拝殿


 どうも境内には若い女性やカップルが多いと思ったら、この神社は縁結びで有名なようです。
 
 そういえばさっき、結婚式場もあったなあ。
 
 川越氷川神社の創建は、公式ホームページによれば欽明2年(541)ですが、『新編武蔵風土記稿』では欽明8年(547)となっています。
 
 いずれにせよ古いことには間違いありませんね。
 
 事実、『川越市史 第一巻 原始古代編』によれば、境内から古墳時代のものと見られる古代祭具の滑石製剣形模造品が出土しています。
 
 主として埼玉県・東京都に200社以上ある氷川神社の中には、いまだに謎の神「アラハバキ」を祀っている神社もあることから、ここ川越氷川神社もヤマト王権の力がこの地に及ぶ前に、天皇家とは別の勢力の神様を祀っていた可能性があります。
 
 その辺のことは私もまだ研究途中なので、調べが進んだら追々述べようと思います。
 
 由緒がいうところの古さに関しては、残念ながら史料で確認することはできませんが、天文6年(1537)の上杉・北条の合戦について記した軍記物の「河越記」には、「日川の明神」が登場し、これが川越氷川神社に関する最も古い文献史料になります。
 
 なお、氷川神社の総本社は大宮の氷川神社で、現在は武蔵国の一宮と称していますが、古代の頃は東京都多摩市(または府中市)の小野神社が一宮でした。
 
 しかし、神社もその時々の政治権力との結びつきも関連して盛衰がありますので、室町時代から大宮氷川神社が力を持つようになり、一宮を称するようになりました。

写真6 川越氷川神社


 おっと、太陽の沈む速度が速い。
 
 早く川越城の空堀を見に行かなければ!

 


初めての川越歴史めぐり【2015年1月23日(金)】

砂久保陣場跡 → 入間郡家跡(霞ヶ関遺跡) → 河越氏館跡(上戸陣跡) → 常楽寺(大道寺政繁墓) → 河越城跡および東明寺 → 川越氷川神社 → 川越城跡および三芳野神社


 

参考資料

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です