この記事は、2015年1月23日の歴史めぐりの様子を当時のブログにアップしたものをこちらのサイトに再アップするものです。

 この頃は、まだ城跡も積極的に訪れている時期でした。

 文章はほとんど当時のものと一緒で、古い内容が含まれていますのでご了承ください。

 補足が必要な場合は、それと分かるように追記します。

 


初めての川越歴史めぐり【2015年1月23日(金)】

砂久保陣場跡 → 入間郡家跡(霞ヶ関遺跡) → 河越氏館跡(上戸陣跡) → 常楽寺(大道寺政繁墓) → 河越城跡および東明寺 → 川越氷川神社 → 川越城跡および三芳野神社


 

三芳野神社は猫ちんの楽園だった


 川越氷川神社を出ると時刻はもう16時20分、真冬なので日が暮れるのが凄く早いです。
 
 急いで喜多院にあるという近世川越城の空堀を見に行きましょう。

 夕刻のオレンジ色の陽を浴びながら川越城へ向かって行くと、「道灌まんじゅう」と書かれた和菓子屋さんがありました。

写真1 道灌まんじゅう(川越菓舗 道灌)


 お土産に良いかもしれない。
 
 店に入り、看板メニューの道灌まんじゅうを買おうとしたところ、残念ながら売り切れ!
 
 次善の策で、「芋クリーム どら焼き」を購入します。
 
 店を出てすぐ、「川越城本丸門跡」の標柱がありました。

写真2 川越城本丸跡

 
 実は私は近世川越城について全然知識が無いのです。

 しかも城域はその後の開発によってかなり改変され、往時に遺構はあまり残っていないようですね。
 
 本丸御殿は県指定有形文化財です。

写真3 川越城本丸御殿


 本丸御殿の横には、三芳野神社があります。

写真4 三芳野神社


 有名な同様「とうりゃんせ」の舞台となった神社ですね。
 
 おっ、猫ちん!

写真5 あっ、猫ちん!


 増殖した!


写真6 増殖 MULTI PLIES


 そっと近付いて行くと・・・、逃げられた!

写真7 おっと、気付かれたか!


 よく見ると太っていますね。

写真8 なんか肥えてるねえ


 太っているということは野良ではあっても人間にご飯を与えられているということです。

写真9 近づくチャンスか?


 そうだ、さっき買った「川越芋クリームどら焼き」を餌におびき寄せてみよう。

写真10 川越芋クリームどら焼


 ついでに自分も食べてみようっと。

 うん、美味しい♪
 
 さあ、お主も食さぬか。

写真11 「わしゃ、特に腹は空いておらんが、呉れると云うのなら・・・」


 でも何かを食べている所って写真に撮ってもあまり画になりませんね。

写真12 「たまには甘いものも良いな」


 甘いものはあんまり好きではないようですが、食べ物で釣ってしばらく遊びます。

 あー、でも陽がどんどん暮れていきます。
 
 先を急ぎましょう。

写真13 三芳野神社社殿


 「とうりゃんせ」の参道です。

写真14 三芳野神社参道


 境内には土塁が残っており、近世川越城のものですが、もしかすると中世河越城にも関係があるのかもしれません。

写真15 土塁


 では、神社を抜けて先を急ぎましょう。
 
 おっと、あそこにも!

写真16 おっと、あそこにも!


 近接すると逃げて行きます。

写真17 「何見てるのさ!」


 しつこく追いまくります。

写真18 「ついて来ないでよ、もう!」


 しつこい人は嫌われるので、この辺でやめておきましょう。
 
 というか、はやくお目当ての空堀を見ないと!

写真19 土塁


 でも気になる猫たち。

写真20 たくさん、居る


 こちらも土塁。

写真21 土塁


 今度こそ、三芳野神社とお別れです。

写真22 三芳神社の参道


 神社を出るとき、お婆さんが猫たちにご飯をあげているのを目撃しました。
 
 ざっとみて10匹以上はいるのですが、きちんと皿を並べて、カリカリのを山盛りに入れてあげていました。
 
 我が家にも昔猫がいたので想像できますが、相当なご飯代が掛かっていると思いますよ。
 
 もしかすると、このお婆さんは自分の生活費を削ってまでご飯をあげているのでしょうか。

写真23 動物を捨てないでください


 あの肥え具合からするとご飯は今の半分で大丈夫ですよ。

 

喜多院の空堀跡に驚嘆


 あ、神社発見。

写真24 浮島稲荷神社社殿


 境内の説明板によると浮島稲荷神社だそうです。

写真25 浮島稲荷神社拝殿


 浮島稲荷神社の創建時代は不明で、一説には喜多院が開山される前にその地にあったのを、喜多院を創建するときに現在地に移したものとも、また太田道灌が河越城を築城する際に、城の守護神としてこの地に創建したものとも伝わっています。

写真26 扁額


 昔はこの辺りには清水の湧き出る穴が7つあって「七つ釜」と呼ばれ、一面葦が生い茂った沼沢地で、遠くからこの神社を眺めると島のように浮かんで見えたことから浮島神社と呼ばれるようになりました。

写真27 浮島稲荷神社の参道


 いよいよもって、暗くなってきた。
 
 ようやく喜多院に到着です。

写真28 喜多院


 立派な土塁のようなものが見えますが確かめに行っている時間が無い!

 ※後日、探訪しましたがこれは古墳です。

写真29 土塁?


 なんか立派な建物がありますが確かめに行っている時間が無い!

写真30 立派な建物


 おー、あったー!

写真31 空堀


 素晴らしい空堀!

写真32 いいよねえ


 想像よりも立派です。

写真33 いいわねえ


 あれ?

 空堀の中を誰かが歩いていますよ。

写真34 付近の高校生の通学路


 空堀は今では付近の高校生の通学路になっているようです。
 
 いや、でも最後に立派な空堀が見れて良かったです。
 
 今日はもう日が暮れてしまったので、近世川越城に関しては最後きちんと見学に来たいです。
 
 さて、電車に乗って帰るとしましょう。
 
 駅に向かって歩いていると、なかなか良い感じのストリートに来ました。

写真35 おー、良い雰囲気!


 楽しそうな飲み屋がたくさんありますが・・・

 せめてラーメンでも食べて帰るとしよう。
 
 おっと、「三ツ矢堂製麺」!

写真36 三ツ矢堂製麺


 川越にもあったのか!
 
 三ツ矢堂製麺は我が家の近くにないのでなかなか食べる機会が無いので、久しぶりに大好きな「辛しつけ麺」(「辛」じゃなく「辛し」だよ)を食べて帰りましょう。

写真37 三ツ矢堂製麺の辛しつけ麺


 これ、超美味いのです。

 スープの味も、麺のツルツル食感も最高。
 
 お腹一杯幸せ気分になり、川越駅から電車に乗って帰ります。

写真38 川越駅


 川越は我が家から意外と近いので、また探訪に来たいと思います。

 


初めての川越歴史めぐり【2015年1月23日(金)】

砂久保陣場跡 → 入間郡家跡(霞ヶ関遺跡) → 河越氏館跡(上戸陣跡) → 常楽寺(大道寺政繁墓) → 河越城跡および東明寺 → 川越氷川神社 → 川越城跡および三芳野神社


 

参考資料

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です